EVENT

CALENDAR

2018/08
M T W T F S S
13141516171819
20212223242526
272829303112
2018/08 - 2018/09
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
2018/09 - 2018/10
M T W T F S S
24252627282930
1234567
891011121314
 
 

2018/03/07 Wed

原尞×正能茉優×成毛眞
「はじめての原尞」
“好きなことで生きる”伝説の作家本人と、伝説のジャズ喫茶で飲み語る読書会(第二回)

創業以来、毎日イベントを開催している本屋B&B。

そんなB&Bのお客さまから多数寄せられた「作品をもっと少人数で掘り下げて読んでみたい」という熱いリクエストにお応えして、三回目となる「著者本人と飲み語る」少人数読書会(全二回)を、50年以上の歴史を誇るジャズ喫茶の名店、新宿「DUG」にて開催します。

※会場が新宿「DUG」(東京都新宿区新宿3-15-12)での開催となります。ご注意ください
http://www.dug.co.jp/main.html

今回、読書会にお迎えする著者は、第二作にして直木賞を受賞し、“ミステリ界の生ける伝説”と呼ばれるだけでなく、フリージャズのピアニストとしても活躍する原尞さん。

「はじめての原尞」というテーマの通り、原尞作品を読んだことがない原尞初心者の若い方を中心にお集まりいただくとともに、原尞さん同様に“好きなことで生きる”をテーマに「パラレルキャリア女子」として活躍されている正能茉優さんをお招きし、作品と著者について全二回にわたって徹底的に飲み・語る予定です。

第一回は、原尞さんご本人をお迎えし、原尞さんのデビュー作であり、私立探偵・沢崎が初登場するハードボイルド長篇『そして夜は甦る』(早川書房)を初めて読んだ感想を正直に語りながら、原尞さんの生き方や考え方を深堀ります。

そして第二回は、原尞さんの熱狂的ファンであり、自身のTwitterで“この作家のおかげで他の小説に満足できなくなった。”と語る、実業家で書評サイト「HONZ」代表の成毛眞さんをゲストにお招きし、14年ぶりの新作『それまでの明日』(早川書房)を読んだ感想や、好きなことで生きるための気づきなどを、皆さんと一緒に全員で考えます。

※新作『それまでの明日』(早川書房)は第一回の読書会後に皆様に差し上げます

しっかり読んで、しっかり考えて、しっかり著者本人と飲み語りたい! という方は、ぜひご参加ください。

【応募条件】
今回は原尞さんの作品を読まれたことがない「原尞初心者」の、「若い方」を対象としたイベントとなりますことご了承ください。

【課題図書:第一回2月28日(水)】
『そして夜は甦る』(早川書房)
添付画像1_そして夜は甦る新装版
西新宿の高層ビル街のはずれに事務所を構える私立探偵沢崎は、ひょんなことから、行方不明となったルポライターの調査に乗り出すことに——そして事件は過去の東京都知事狙撃事件の全貌へと繋がっていく……。いきのいい会話と緊密なプロット。レイモンド・チャンドラーに捧げられた記念すべき長篇デビュー作。

【課題図書:第二回3月7日(水)】
『それまでの明日』(早川書房)
添付画像2_それまでの明日書影
11月初旬のある日、渡辺探偵事務所の沢崎のもとを望月皓一と名乗る紳士が訪れた。消費者金融で支店長を務める彼は、融資が内定している赤坂の料亭の女将の身辺調査を依頼し、内々のことなのでけっして会社や自宅へは連絡しないようにと言い残し去っていった。沢崎が調べると女将は六月に癌で亡くなっていた。顔立ちのよく似た妹が跡を継いでいるというが、調査の対象は女将なのか、それとも妹か? しかし、当の依頼人が忽然と姿を消し、いつしか沢崎は金融絡みの事件の渦中に。切れのいい文章と機知にとんだ会話。時代がどれだけ変わろうと、この男だけは変わらない。14年もの歳月を費やして遂に完成した、チャンドラーの『長いお別れ』に比肩する渾身の一作。

※第一回読書会終了時に参加者の皆様に無料でお渡しいたします

【出演者プロフィール】
原尞(はら・りょう)
添付画像3_原尞公式写真1
1946年佐賀県鳥栖生まれ。 九州大学文学部美学美術史科を卒業。70年代はおもにフリージャズのピアニストとして活躍。30歳ころから意識的に翻訳ミステリを乱読し、とくにレイモンド・チャンドラーに心酔した。1988年に私立探偵・沢崎が初登場するハードボイルド長篇『そして夜は甦る』で日本のミステリ界に颯爽とデビュー。日本の風土にハードボイルドを定着させた優秀作として高い評価を得た。89年の第2作『私が殺した少女』で第102回直木賞を受賞。1990年に6つの短篇を収めた連作集『天使たちの探偵』を上梓し、第9回日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞を受賞。その後長篇第3作『さらば長き眠り』(95年)、第4作『愚か者死すべし』(2004年)と書き継いだ。その他の著作にエッセイ集『ミステリオーソ』『ハードボイルド』がある。佐賀県鳥栖市に在住し、ジャズ演奏と執筆に勤しんでいる。

成毛眞(なるけ・まこと)
1955(昭和30)年北海道生まれ。中央大学卒業。自動車部品メーカー等を経て日本マイクロソフト株式会社入社、1991年同社代表取締役社長。2000年に退社後、インスパイア設立。書評サイト「HONZ」代表も務める。著書に『これが「買い」だ』『本は10冊同時に読め!』『成毛式実践マーケティング塾』など多数。

【モデレーター】
正能茉優(しょうのう・まゆ)
添付画像4_Mayu Shono
ハピキラFACTORY代表取締役・ソニー新商品企画担当。1991年東京生まれ。慶應義塾大学在学中の2012年、地方の商材をかわいくプロデュースし発信・販売するハピキラFACTORYを創業。大学卒業後は広告代理店に就職。現在は、ソニーで新規事業・新商品を開発しながら、自社の経営も行う「パラレルキャリア女子」。その「副業・兼業」という働き方の経験を活かし、経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」の委員にも。自社の活動としては、2017年3月より日本郵便とコラボした商品群が全国24,000局の郵便局で発売。北海道天塩町政策アドバイザーや慶應義塾大学SFC研究所上席所員としても、精力的に活動中。


【開催日時】
2018年2月28日(水)19:00〜21:00(18:30開場)
2018年3月7日(水)19:00〜21:00(18:30開場)
※両日ともに参加可能な方のみお申し込みください
※先着順。定員に達した時点で締め切らせていただきます



イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    原尞
    成毛眞(書評サイトHONZ代表、インスパイア取締役ファウンダー)
    正能茉優(ソニー新商品企画担当・ハピキラFACTORY代表取締役)
    千田宏之(早川書房)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    新宿「DUG」
    新宿区新宿3-15-12

  • 入場料 _ 

    10,000yen ( 全二回/各回1 drink 付き)


ARCHIVE