EVENT

CALENDAR

2019/02
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
25262728123
2019/02 - 2019/03
M T W T F S S
45678910
11121314151617
18192021222324
2019/03 - 2019/04
M T W T F S S
25262728293031
1234567
891011121314
 
 

2012/11/22 Thu

『STUDIO VOICE』、 3年振りの雑誌版発刊記念 「405号+1」


11月20日に発売の『スタジオ・ボイス』特別号「MUSIC IN CAR――音楽とクルマと僕らの未来」の出版記念トークです。

2009年に休刊となって、その後ウェブ/スマホマガジンとしてリリースしてきた『スタジオ・ボイス』。紙としては3年振り(途中「ももクロフリーペーパー」などをはさむ)に書店に並びます。

1976年の創刊以来、『スタジオ・ボイス』は何度かのリニューアルを数えましたが、そのたびにタイトルロゴも含めてスタイルを変えてきました。しかしながら、405号の歴史のなかで、「変わらないこと」も多くあります。

『スタジオ・ボイス』の「変わったこと」と「変わらないこと」は何か?参加者の質問に答える形でひもといていきます。出演するのは特別号編集長の加藤陽之さん。加藤さんは1997年から2005年まで『スタジオ・ボイス』編集長を務め、ウェブ/スマホ版を立ち上げた、もっとも編集部歴の長い編集者です。

そしてゲストには、カルチャーポータルサイトとして日本最大規模のメディア『CINRA.NET』の創立者である杉浦太一さんをお招きします。 CINRA立ち上げのきっかけのひとつが「スタジオ・ボイス」でもあったという杉浦さん。彼が『スタジオ・ボイス』の何に影響を受けたのか、ウェブというメディアで“カルチャー”の表現はどう変化したのか、などなど、『スタジオ・ボイス』の歴史を俯瞰しながら、メディアの現在を語り合います。

  • 出演 _ 

    加藤陽之(「スタジオ・ボイス」編集長)
    杉浦太一(「CINRA.NET」代表取締役)
    島崎昭光(博報堂DYメディアパートナーズ:モデレーター)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order

好評により、前売券の販売は終了いたしました


ARCHIVE