B&B

EVENT

CALENDAR

2020/10 - 2020/11
M T W T F S S
19202122232425
2627282930311
2345678
2020/11
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 
 

2012/12/16 Sun

野崎歓×平岡敦 イレーヌ・ネミロフスキー『フランス組曲』(白水社)刊行記念 ~ネミロフスキーとは何者か?~「フランス文学」の翻訳をめぐって


※当日券有り。19:30より店頭にて販売いたします。
全米100万部のベストセラー、イレーヌ・ネミロフスキー『フランス組曲』(白水社)の刊行を記念して、訳者の野崎歓さんと平岡敦さんをお迎えしトークショーを開催します。『フランス組曲』は、1942年にアウシュヴィッツで亡くなった著者が、連行される直前まで命がけで書き綴った小説。形見として娘に預けられたトランクに眠ったままでいた原稿は、2004年に60年以上の時を経て奇跡的に世に出て、フランス本国はもとより世界中で忽ちベストセラーとなっています。
執筆時から戦争終結後の「未来の読者」に読まれることを希求していた著者ネミロフスキーとは一体何者なのか?そしてこれまでに数多くのフランス文学を紹介してきた野崎、平岡の両氏が、この作品に強く惚れ込んだ理由とは? 
翻訳中のエピソードなども含め、お二人に大いに語っていただきます。

イレーヌ・ネミロフスキー Irène Némirovsky(1903-1942)
1903年キエフ生まれ。ロシア革命後に一家でフランスに移住したユダヤ人。1929年、長篇第一作『ダヴィッド・ゴルデル』(David Golder)で成功を収め(31年J・デュヴィヴィエ監督が映画化)、一躍人気作家に。第二次大戦が勃発すると、夫と娘二人とともにブルゴーニュ地方の田舎町イシー・レヴェックに避難、やがてフランス憲兵によって捕えられ、42年アウシュヴィッツで亡くなった。娘が形見として保管していたトランクには、小さな文字でびっしりと書き込まれた著者のノートが長い間眠っていた。命がけで書き綴られたこの原稿が60年以上の時を経て奇跡的に世に出るや、たちまち話題を集め、本書は「二十世紀フランス文学の最も優れた作品の一つ」と讃えられて’04年にルノードー賞を受賞(死後授賞は創設以来初めて)。フランスで70万部、全米で100万部、世界で約350万部の驚異的な売上げを記録し(現在40カ国以上で翻訳刊行)、映画化も進行中である。近年、ネミロフスキー作品の復刊、未発表作の出版が相次いでいる。代表作は他に、『舞踏会』(Le Bal)『孤独のワイン』(Le Vin de solitude)など。

(プロフィール)
野崎 歓(のざき・かん)
◎『フランス組曲』第一部「六月の嵐」訳、解説を担当
1959年生まれ。フランス文学者、東京大学教授。
主要著書:『フランス小説の扉』『五感で味わうフランス文学』(以上白水社)、『異邦の香り ネルヴァル「東方紀行」論』(講談社)、『谷崎潤一郎と異国の言語』(人文書院)、『ジャン・ルノワール 越境する映画』『香港映画の街角』(以上青土社)、『赤ちゃん教育』(青土社、のち講談社文庫)、『こどもたちは知っている』(春秋社)、『われわれはみな外国人である 翻訳文学としての日本文学』(五柳書院)、『英語のたくらみ、フランス語のたわむれ』『英仏文学戦記』(いずれも共著、東京大学出版会)主要訳書:トゥーサン『浴室』『ムッシュー』『逃げる』、ギベール『楽園』、ガイイ『ある夜、クラブで』(以上集英社)、ドゥヴィル『花火』、ブルトン編『性についての探求』(以上白水社)、ルノワール『ジョルジュ大尉の手紙』(青土社)、ソフィ・カル『本当の話』(平凡社)、ウエルベック『素粒子』(筑摩書房)、グランベール『ある秘密』(新潮社)、サン=テクジュペリ『ちいさな王子』、スタンダール『赤と黒』、ヴィアン『うたかたの日々』(以上光文社古典新訳文庫)、バルザック『幻滅』(共訳、藤原書店)

平岡 敦(ひらおか・あつし)
◎『フランス組曲』第二部「ドルチェ」訳を担当
1955年生まれ。翻訳家、中央大学講師。
主要訳書:ルブラン『怪盗紳士ルパン』『カリオストロ伯爵夫人』『奇岩城』『ルパン、最後の恋』、アルテ『第四の扉』『狂人の部屋』『虎の首』『殺す手紙』、シャン・サ『碁を打つ女』、ジョンケ『私が、生きる肌』(以上早川書房)、シュヴェイアウゼール『ロマン・ノワール』、ペナック『カービン銃の妖精』『散文売りの少女』『子ども諸君』『ムッシュ・マロセーヌ』、カダレ『誰がドルンチナを連れ戻したか』『砕かれた四月』(以上白水社)、グランジェ『クリムゾン・リバー』、ジャプリゾ『シンデレラの罠』、バイヤール『シャーロック・ホームズの誤謬』(以上東京創元社)、ティリエ『死者の部屋』(新潮社)、ダンテック『バビロン・ベイビーズ』(太田出版)

  • 出演 _ 

    野崎歓(フランス文学者、翻訳家)
    平岡敦(フランス文学者、翻訳家)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE