B&B

EVENT

CALENDAR

2020/06
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
 
 

2013/07/03 Wed

TOO MUCH Magazine presentsあたらしい才能が僕たちを呼んでいる

Romantic Geographyをテーマに、都市や建築に焦点を当てるインディペンデント・マガジン、TOO MUCHMagazineの第4号発売を記念し、下北沢B&Bにて新しいイベントを始めます。
都市の中には、いつもその都市独特の視点を持ったアーティストが存在しますが、では東京にはどのような眼差しを持った人々が現れて来ているのでしょうか?
TOO MUCH MagazineのADを務める前田晃伸と編集長の辻村慶人をホストに、毎回ゲストを迎えながら有名無名問わず今気になる若手アーティストをどんどん紹介していきます。

1回目は、ニューヨークのDashwood Booksより写真集を出版した写真家の題府基之と、高円寺の多目的スペース「ASOKO」を運営しながらアーティスト活動を続けるフキンのお二人を紹介します。ゲストには両者をよく知る写真家の花代を迎えます。

(前売り購入者全員に、出演者のアートワークをまとめた特製zineをプレゼント)

題府基之 (だいふ・もとゆき) /1985年東京生まれ。
2007年東京ビジュアルアーツ卒業と同時に第29回「ひとつぼ展」入選。
その後、国内での個展・グループ展に多数出展。2012年にはニューヨークで国外初個展と同時にLAを拠点とする出版社 LITTLE BIG
MAN から自身初の写真集『LOVESODY』を出版。そして今年2冊目となる『Project Family』を Dashwood Books
から出版。

フキン
https://fukin.jottit.com/
82年愛媛県生れ。さまざな方法(手書きの絵からCG、映像、立体etc)を用いて作品を制作。
そのかたわら高円寺の多目的スペース「ASOKO」の運営に参加したり、衣料品メーカー「MAN」のグラフィック・装飾を担当しています。
ASOKO http://asokojapan.tumblr.com/
MAN http://man-on-the-street.tumblr.com/

hanayo 花代
東京ベルリンを拠点に活躍するアーティスト。写真家、芸妓、ミュージシャン、モデルなど多彩な顔を持つ。自身の日常を幻想的な色彩で切り取る写真やコラージュ、またこうした要素に音楽や立体表現を加えたインスタレーションを発表する。パレ・ド・トーキョーなどの個展、展覧会多数。近年ではtony conrad と舞台音楽で共演したり、bernhard willhelmのショウでライブパフォーマンス、そしてJⅱgen Paapeとカバーしたjoe le taxiはSoulwaxの2ManyDjsに使われ大ヒットした。写真作品集に『ハナヨメ』『MAGMA』『berlin』、音楽アルバム『 Gift /献上』『wooden veil』などがある。ギャラリー小柳所属。www.hanayo.com

前田晃伸(まえだ・あきのぶ)
愛知県生まれ。デザイン事務所を経てデザインチーム「ILLDOZER」に参加。 解散後、フリーランスのアートディレクター/デザイナーとして
CI、広告、カタログ、パッケージ、エディトリアル、アパレルなど グラフィック・デザインを中心に幅広く活動。TOO MUCH
Magazineの他に、雑誌「POPEYE(マガジンハウス)」のアートディレクションを手がけている。


  • 出演 _ 

    題府基之  (カメラマン)
    フキン   (アーティスト)
    hanayo 花代(アーティスト)
    前田晃伸  (アートディレクター)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1000yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE