EVENT

CALENDAR

2019/09 - 2019/10
M T W T F S S
16171819202122
23242526272829
30123456
2019/10
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/10 - 2019/11
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
 
 

2013/08/10 Sat

「Walkabout」刊行記念トークイベント竹沢うるま世界103カ国を巡る写真のストーリー


2010年3月に日本を出発し、北米、南米、南極、中東、アフリカ、ユーラシアを旅したときのストーリーを、写真とともに紹介。
 世界103の国と地域を巡る3年弱に及ぶ旅の途中には、さまざまな出会いがあり、日本では想像もできないような驚く世界がそこには広がっていた。

 南米ボリビアで踊り子に恋をし、アマゾンでは川を一週間かけて下りシャーマンに会いに行く。民主化の嵐に荒れる激動のシリアを駆け抜け、秘密警察に拘束され、エチオピア奥地では未開の民族の神聖なる儀式に遭遇。南スーダン独立の瞬間に立ち会い、東チベットで出会った心優しき青年と冷酷な暴力の瞬間など。

 「生きる」とはどういうことなのか。旅する意味とは。実際に自分の足で旅をし、その目で見て来た旅人しか語ることのできないいま現在のリアルな世界を語ります。

竹沢うるまメッセージ
「世界は広い。僕らが思うよりも遙かに大きく、そして深い。それは僕が世界を旅してきたなかで感じた、一番大切なことです。世界の広さは大地の多様さで、深さは人の心の奥深さです。そのふたつが交わる瞬間、風景は火花が飛び散るように激しく輝き始めます。その瞬間は、大地も人も、まさに生きていました。僕はそれを求めて旅を続けてきました。そこには多くの出会い、別れがあり、ストーリーがあります。それを多くの人に届けたいと思っています。写真とストーリーに触れて、世界の広さに感じてもらえれば幸いです」。

【竹沢うるま】

1977 年生まれ。写真家。
「うるま」とは沖縄の方言でサンゴに囲まれた島の意。
雑誌「ダイビングワールド」のスタッフフォトグラファーを経て、2005年独立。
雑誌、広告の分野で活躍し、これまで訪れた国と地域は135を超す。
「大地と人の繋がり」を求めて世界中の国々を旅する写真家。


 2010年3月、世界一周の旅に出発。北米、南米、アフリカ、ユーラシアを巡り、昨年末、1021日にわたる旅を終え、無事帰国。
その旅の記録をまとめた写真集「Walkabout」(小学館)が2013年8月1日に発売。同時に、全国6カ所での写真展開催が決定。


公式サイトhttp://www.uruma-photo.com


【著作物】
写真集「URUMA –okinawa graphic booklet-」(マリン企画)
写真集「Tio’s Island」共著:池澤夏樹(小学館)
写真集「Walkabout」(小学館)

【個展暦】
2005年「TWILIGHT ISLAND」(DIGZ原宿)
2007年「Rainbow’s End」(Palau Pacific Resort)
2007年「URUMA -日本の異次元空間を旅する-」(丸善・丸の内本店)
2008年「Tahiti ~タンガロアが創った島々~」(PENTAX FORUM)
2008年「Tio’s Island」(大手町カフェ)
2009年「Tio’s Island ~南の島のティオの世界~」(KONICA MINOLTA PLAZA)
2010年「Tio’s Island」(福岡天神IMS)

  • 出演 _ 

    竹沢うるま(写真家)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE