B&B

EVENT

CALENDAR

2020/09 - 2020/10
M T W T F S S
21222324252627
2829301234
567891011
2020/10 - 2020/11
M T W T F S S
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2020/11
M T W T F S S
2345678
9101112131415
16171819202122
 
 

2014/06/29 Sun

阿古真理×島本脩二「私たちの食を支配しているのは誰か〜記憶から辿る昭和・平成の食文化〜」 『昭和育ちのおいしい記憶』(筑摩書房)刊行記念



日本の家庭や社会の移り変わりを辿りながら食の変遷を読み解いた『うちのご飯の60年ー祖母・母・娘の食卓』、『昭和の洋食 平成のカフェ飯:家庭料理の80年』(共に筑摩書房)の著者である阿古真理さんが、このたび、初のエッセイ集『昭和育ちのおいしい記憶』(筑摩書房)を刊行いたしました。
今回、刊行を記念して、著者である阿古真理さんと、対談相手に編集者・島本脩二さんをお迎えしてトークイベントを開催いたします。

ただ過去の記憶を辿るだけでなく、その時代の社会的背景にまで迫り、内容の深いエッセイとなった本書のお話を中心に、社会を構成する衣食住・移動(流通)について、地域と時代と食文化、本と雑誌と食生活のつながりからティラミスの流行とは何だったのかについてまで、縦横無尽に話が広がりあっという間の2時間になること間違いなしのトークイベントです。
ぜひご参加ください。

【プロフィール】
阿古真理(あこ・まり)
1968年兵庫県生まれ。神戸女学院大学を卒業後、大阪の広告制作会社で勤務の後、フリーのライターとなる。1999年に東京へ拠点を移し、ルポ・書籍の執筆に取り組む。主に女性の生き方、写真、暮らしなどをテーマに執筆。食の本は、2009年に出した『うちのご飯の60年 祖母・母・娘の食卓』(筑摩書房)が最初。今回の本は、『昭和の洋食 平成のカフェ飯 家庭料理の80年』(筑摩書房)に続く、昭和平成の食文化の変遷を社会学的視点から描く三部作の完結編。

島本脩二(しまもと・しゅうじ)
1946年新潟県生まれ。フリー編集者。2007年まで小学館に勤務し『GORO』『写楽』などの雑誌編集を経て書籍編集に。担当した書籍は、矢沢永吉『成りあがり』 YMO写真集『OMIYAGE』『月光浴』他多数。『日本国憲法』は超ベストセラーに。2008年から3年間、朝日新聞出版で書籍統括。2002年より武蔵美で講座「編集とデザイン」を担当。最近の仕事に『世界のともだち』(全36巻 偕成社)がある。


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    阿古真理(作家・生活史研究家)
    島本脩二(編集者)

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE