EVENT

CALENDAR

2019/09 - 2019/10
M T W T F S S
16171819202122
23242526272829
30123456
2019/10
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/10 - 2019/11
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
 
 

2014/10/08 Wed

長谷川一×水越伸「“それなりに明るく愉しい絶望”のなかで、どんな“生”が可能なのか?──ディズニーランド30周年CMから考える」 『ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか』(慶應義塾大学出版会)刊行記念


いまや誰もが「ディズニーランド」の住人である。だから、「ディズニー」について考えることは、私たち自身について考えることと同じです。
イメージや物語に溢れ、それなりに愉しく豊か。けれど同時に、不安と諦めと閉塞感が分厚く覆う。そんな「それなりに明るく愉しい絶望」の日常に絡めとられた私たちに、どんな「生」が可能なのでしょう?
話題をよんだ「東京ディズニーランド30周年CM」を手がかりに、対談形式で考えていきます。


長谷川一(はせがわ・はじめ
明治学院大学文学部芸術学科教授
1966年生まれ。千葉大学大学院中退。編集者として晶文社、東京大学出版会に勤務したのち、東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。同大学院情報学環助手をへて現職。博士(学際情報学)。メディア論、メディア思想、文化社会学。テクノロジーと身体の関係、物質性と知覚のあり方について考えている。著書『アトラクションの日常』(河出書房新社)『出版と知のメディア論』(みすず書房)ほか。
http://swingbooks.jp  http://hajimedia.net



水越伸(みずこし・しん)
東京大学大学院情報学環教授
1963年生まれ。筑波大学卒業。東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。情報技術と人間・社会の動態をとらえる「ソシオ・メディア論」と、その思想的方法論として「批判的メディア実践」を提唱。市民のメディア表現やリテラシーの実践的研究に取り組む「メルプロジェクト」「メルプラッツ」「メディア・エクスプリモ」などを展開。2014年、雑誌『5:Designing Media Ecology』を創刊。
http://www.mediabiotope.com





※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    長谷川一(明治学院大学文学部芸術学科教授)
    水越伸(東京大学大学院情報学環教授)

  • 時間 _ 

    19:30~21:30 (19:00開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE