EVENT

CALENDAR

2019/09 - 2019/10
M T W T F S S
16171819202122
23242526272829
30123456
2019/10
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/10 - 2019/11
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
 
 

2014/12/27 Sat

猪谷千香×鎌倉幸子×岡本真×森旭彦 「図書館と地域コミュニティのこれからを語ろう!」 『未来の図書館、はじめませんか?』刊行記念



地方分権や指定管理者制度導入といった社会状況の変化を背景に、公共図書館は大きな変貌を迫られ、またみずからも変わろうとしています。

たとえば、TSUTAYAを運営するCCCが指定管理者となった武雄市図書館によって、地域と図書館の関係性が改めて注目されたのは記憶に新しいと思います。

近年、図書館には、「書籍を借りて読む」だけではなく、地域・知・人をつなぎ育てるハブとしての機能をより充実させていくことが求められているのではないでしょうか。

そこで、本トークイベントでは、『未来の図書館、はじめませんか?』で「発信型図書館のためのアイデア」や「図書館の拡張方法」を具体的に提起した岡本さんと森さんに、「市民のための図書館」とは今後どうあるべきかを語っていただきます。

そして、『つながる図書館』の著者・猪谷千香さんと『走れ!移動図書館』の著者・鎌倉幸子さんに『未来の図書館、はじめませんか?』の内容もふまえて、〈地域〉をキーワードに「これからの図書館はどうあってほしいか」「どういう方向性に進みそうか」を具体的に話していただきます。

年の瀬のイベントということもあり、今年一年を振り返りながらざっくばらんにトークを進めたいと思います。またミニサイン会も開きますので、みなさま気軽におこしください。


《プロフィール》
■猪谷千香(いがや・ちか)
文筆家、ハフィントン・ポスト・ジャパン記者、久谷女子。産経新聞社記者として長野支局や文化部などを経て、ニコニコ動画ニュース編集者に転職。2013年4月からはニュースサイト「ハフィントン・ポスト・ジャパン」で記者として勤務している。著書に『つながる図書館』『日々、きものに割烹着』(筑摩書房)、共著に『ナウシカの飛行具、作ってみた』(幻冬舎)など

■鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
シャンティ国際ボランティア会広報課長兼東日本大震災図書館事業アドバイザー。8年間シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所で本の出版、図書館活動に従事。東日本大震災直後に岩手県に入り、移動図書館事業を立ち上げた。著書に『走れ!移動図書館』(筑摩書房)

■岡本 真(おかもと・まこと)
アカデミック・リソース・ガイド代表取締役、プロデューサー。ヤフーにて「Yahoo!知恵袋」などのプロデュースなどを担当し、2009年に起業し現在に至る。日本各地で図書館のプロデュースに関わる。著書に『ウェブでの〈伝わる〉文章の書き方』(講談社)、共編著に『ブックビジネス2.0』(実業之日本社)ほか

■森 旭彦(もり・あきひこ)
ライター。主にサイエンス、アート、ビジネスに関連したもの、その交差点にある世界に興味があり、ライティングを通して書籍、Webなどで創作に携わる。『僕たちは島で、未来を見ることにした』(巡の環著)、『面白い本』『もっと面白い本』(成毛眞著)、『逆行』(尾原史和著)などの構成などに関わるほか、サイエンスに関する記事などを「WIRED」で執筆する




※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    猪谷千香(文筆家、ハフィントン・ポスト・ジャパン記者、久谷女子)
    鎌倉幸子(シャンティ国際ボランティア会広報課長兼東日本大震災図書館事業アドバイザー)
    岡本 真(アカデミック・リソース・ガイド代表取締役、プロデューサー)
    森 旭彦(ライター)

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE