EVENT

CALENDAR

2019/06 - 2019/07
M T W T F S S
17181920212223
24252627282930
1234567
2019/07
M T W T F S S
891011121314
15161718192021
22232425262728
 
 

2015/08/12 Wed

服部文祥
「サバイバル登山の進行形」
『ツンドラ・サバイバル』(みすず書房)刊行記念

『ツンドラ・サバイバル』カバー画像

「サバイバル登山」とは、装備を最小限にして、食料を現地調達しながら行なう登山のことです。

たった一人で、長期間、深い山の中で過ごすために、服部さんみずからが提唱し、実践してきた登山スタイルです。

山菜やキノコを採取し、ヘビやカエルを捕獲し、岩魚を釣って捌き、鳥や鹿を撃って解体する――山人か? 猟師か? でも目的は登山なのです。

服部さんがサバイバル登山を始めたのが、1999年夏の南アルプス。それから試行錯誤を重ね、いまでは、釣りも鉄砲もすっかり板につき、「サバイバル登山」は円熟を迎えつつあります。

もちろん、すべてが順調だったわけではありません。

2010年には、因縁の南アルプスで墜落し、肺に血が溜まる大怪我をしました。それでも再起をかけて翌年また事故現場を訪れ、北海道や四国といった新たなフィールドを開拓し、2013年にはついに日本を飛び出し、1ヵ月におよぶロシア極東北極圏縦断の旅へ――。

何が服部さんをここまで駆り立てるのか。「自然に対してフェアに。生きるために殺す」――サバイバル登山の思想とノウハウ、その経験と醍醐味を、スライド写真を交えて語っていただきます。

【出演者プロフィール】
服部文祥(はっとり・ぶんしょう)
登山家。1969年横浜生まれ。94年東京都立大学フランス文学科とワンダーフォーゲル部卒。大学時代からオールラウンドに登山をはじめ、96年カラコルム・K2登頂(南南東リブ)、97年の冬から黒部横断を行ない、黒部別山や剱岳東面、薬師岳東面に初登攀ルートが数本ある。99年から長期山行に装備と食料を極力持ち込まず、食糧を現地調達するサバイバル登山をはじめ、そのスタイルで日本の大きな山域を踏破。2005年からは狩猟も始める。現在、狩猟技術を使った冬期のサバイバル登山を試行中。 1996年から山岳雑誌『岳人』編集部に参加。旧姓、村田文祥。著書に『サバイバル登山家』(みすず書房)『サバイバル!』(ちくま新書)『狩猟サバイバル』(みすず書房)『百年前の山を旅する』(新潮文庫)『サバイバル登山入門』(deco)。編著に『狩猟文学マスターピース』(みすず書房)『富士の山旅』(河出文庫)などがある。



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    服部文祥(登山家)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE