EVENT

CALENDAR

2019/04
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
293012345
2019/04 - 2019/05
M T W T F S S
6789101112
13141516171819
20212223242526
2019/05 - 2019/06
M T W T F S S
272829303112
3456789
10111213141516
 
 

2016/05/29 Sun

川村元気×嶋浩一郎
「ヒット企画はどうやって生まれる? @上智大学」
『超企画会議』(KADOKAWA)『理系に学ぶ。』(ダイヤモンド社)刊行記念

817bBTJX+zL

上智大学卒業後、映画プロデューサーとして、『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン。』などを次々とヒット映画を世に出す川村元気さん。

その後、『世界から猫が消えたなら』や『億男』など小説も手がけ、仕事にまつわる対話集『仕事。』や近著の『超企画会議』『理系の学ぶ。』なども話題となっています。

エンターテインメントを知り抜いた川村さんに、「本屋大賞」やB&Bなどを手がけた嶋浩一郎が、どうやってヒット企画を生み出すのかその秘密について、お二人の母校・上智大学でお聞きします。

【出演者プロフィール】
川村元気(かわむら・げんき)
1979年横浜生まれ。2001年上智大学文学部新聞学科卒業後、映画プロデューサーとして『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン。』などの映画を製作。2010年米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年には初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同書は本屋大賞へのノミネートを受け、100万部突破の大ベストセラーとなり、佐藤健、宮﨑あおい出演で映画化された。13年には絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』を発表し、同作はNHKでアニメ化され現在放送中。14年には絵本『ムーム』を発表。同作は『The Dam Keeper』で米アカデミー賞にノミネートされた、Robert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化された。同年、山田洋次・沢木耕太郎・杉本博司・倉本聰・秋元康・宮崎駿・糸井重里・篠山紀信・谷川俊太郎・鈴木敏夫・横尾忠則・坂本龍一ら12人との仕事の対話集『仕事。』が大きな反響を呼ぶ。一方で、BRUTUS誌に連載された小説第2作『億男』を発表。同作は2作連続の本屋大賞ノミネートを受け、ベストセラーとなった。近著にハリウッドの巨匠たちとの空想企画会議を収録した『超企画会議』などがある。

嶋浩一郎(しま・こういちろう)
編集者・クリエイティブティレクター/博報堂ケトル代表取締役社長・共同CEO。1968年生まれ。1993年上智大学法学部法律学科卒業。1993年博報堂入社。企業のPR活動・情報戦略に携わる。01年朝日新聞社に出向。スターバックスコーヒーなどで販売された若者向け新聞「SEVEN」編集ディレクター。02年から04年に『広告』(博報堂)編集長を務める。02年「本屋大賞」を企画。06年「博報堂ケトル」を設立。2012年、内沼晋太郎氏との共同事業として、本屋「B&B」を東京下北沢に開業。カルチャー誌『ケトル』の編集長、エリアニュースサイト「赤坂経済新聞」編集長などメディアコンテンツ制作にも関わる。著書に『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』(ディスカヴァー21)、『企画力』(翔泳社)、『このツイートは覚えておかなくちゃ。』(講談社)、『人が動く ものが売れる編集術 ブランド「メディア」のつくり方』(誠文堂新光社)、『なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか』(祥伝社新書321) がある。


 
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    川村元気(映画プロデューサー・作家)      
    嶋浩一郎(編集者・クリエイティブティレクター/博報堂ケトル)

  • 時間 _ 

    14:00~14:45 (13:30開場)

  • 場所 _ 

    上智大学 1号館105号教室
    東京都千代田区紀尾井町7-1

  • 入場料 _ 

    無料


ARCHIVE