B&B

EVENT

CALENDAR

2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2019/12
M T W T F S S
2345678
9101112131415
16171819202122
2019/12 - 2020/01
M T W T F S S
23242526272829
303112345
6789101112
 
 

2016/06/10 Fri

井上荒野×角田光代
「「わたし」が「あなた」に依存したとき、「わたし」が求めるものについて」
『ほろびぬ姫』文庫化記念

513HTItKcXL._SX349_BO1,204,203,200_
井上荒野さんの『ほろびぬ姫』が文庫化となって発売されました。

幸福な結婚生活を送っていると感じていた主人公・みさきの前に、ある嵐の日、行方不明だった弟を連れて来た夫。瓜二つのふたり=「あなた」を前に混乱するみさきに対して、夫はさらなる告白を重ねる。———「僕はもうすぐ死ぬんだ」。
そして、衰弱していく兄(=あなた)になりかわるように、弟(=あなた)はその存在感を徐々に増していき……。
本書は、女が男を愛するとき、取り替え不可能なもの、確かなものとは何か。翻弄しようとするものたちに挑んだ、サスペンスとたくらみに満ちたハードな愛の物語です。

今回B&Bでは、『ほろびぬ姫』文庫化を記念してトークイベントを開催します。
お相手にお迎えするのは、作家の角田光代さん。

角田さんが2013年に発表した小説に、『私のなかの彼女』があります。(文庫版は2016年4月より発売中)
知識も教養もありセンスも良いひとつ年上の恋人を持つ主人公・和歌にとって、彼は「開けるたび未知の世界が拡張していく扉」のような存在だった。しかしある日、実家にある蔵で祖母が書いたと思われる本を見つけた和歌は、それを機に自らも小説を書き上げ、作家としての道を歩み始める。しかし、仙太郎との関係は次第にねじれてゆき……。
本書は、恋人の抑圧、母の呪詛、仕事の壁、書くということ。すべてに抗いもがきながら、自分の道を踏み出す「彼女」と「私」の物語です。

おふたりには、『ほろびぬ姫』についてはもちろんのこと、お互いの作品について、さらに、この物語の大きなテーマでもある「男女関係」や「依存心(共依存)」についてなど、広く伺っていきたいと思います。

普段から親交のあるお二人。
作家としての表情、女性としての表情、妻としての表情……、さまざまな素顔が伺える2時間になることでしょう。
どうぞお楽しみに。


イベントのご予約はこちらから!

  • 出演 _ 

    井上荒野(作家)
    角田光代(作家)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE