B&B

EVENT

CALENDAR

2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2019/12
M T W T F S S
2345678
9101112131415
16171819202122
2019/12 - 2020/01
M T W T F S S
23242526272829
303112345
6789101112
 
 

2016/12/16 Fri

中村安希×小沼純一
「ノンフィクション作家、
中村安希のつくりかた」
『N女の研究』(フィルムアート社)刊行記念

715NCFeqlFL


ユーラシア・アフリカ大陸への2年間の旅の記録を綴った『インパラの朝 ユーラシア・アフリカ大陸684日』(集英社)で第7回開高健ノンフィクション賞を受賞した、中村安希さん。

2009年のデビュー以来、旅や政治、食や同性愛などさまざまなテーマでノンフィクション作品を世に送り出してきました。

約2年ぶりの最新刊のテーマは「N女」。有力企業に就職する実力がありながら、雇用条件が厳しいと言われるNPO業界を就職先に選ぶ女性、それが略称「N女」です。

N女とは何者なのか。N女の出現の背景には何があるのか、また彼女たちの出現によって今、NPO業界では何が起きつつあるのかを探るべく、中村安希さんはインタビューを続けてきました。
そこから浮かび上がってきたのは、職場や家庭、地域社会など、かつての共同体が力を失い、分断が進む社会の中で、失業、病気、災害などをきっかけに、あるいは障害や差別によって、人や社会の「つながり」からはじき出される人々が増えつつあるという現実と、そうした人々を社会につなぎとめようと試行錯誤するN女たちが奮闘する姿でした。

さらにN女たちの出現は、結婚や育児によってキャリア人生が大きく左右される女性特有の問題や、男性型縦社会ではなく横のつながりを求める女性性の潜在力など、働く女性の在り方を問いかけています。
N女たちの苦悩と模索、生き様を通して、NPOの存在意義と未来の行方について考察したノンフィクションです。

現在、香港の大学院でジャーナリズムの勉強中の中村さんが来日し、トークイベントをする貴重な機会です。「ノンフィクション作家、中村安希」のこれまでとこれからについて迫ります。
みなさんふるってご参加ください!



中村安希(なかむら・あき)
ノンフィクション作家。1979年京都府生まれ、三重県育ち。カリフォルニア大学アーバイン校芸術学部演劇科卒。日米での3年間の社会人生活を経て、684日(47カ国)に及ぶ取材旅行を敢行する。2009年その旅をもとに書いた『インパラの朝』(集英社)で開高健ノンフィクション賞を受賞。その後も世界各地の生活を取材し、現在までに訪れた国は約90カ国。 著書に、若き政治家たちへのインタビューを試みた『Beフラット』(亜紀書房)、世界の食と文化を取材した『食べる。』『愛と憎しみの豚』(共に集英社)、またLGBTをテーマに執筆した『リオとタケル』(集英社インターナショナル)がある。
(公式ブログ: akinakamura.net)

小沼純一(こぬま・じゅんいち)
1959年生まれ。 早稲田大学文学学術院教授。第8回出光音楽賞(学術研究部門)受賞。
著書に、『武満徹──音・ことば・イメージ』『魅せられた身体──旅する音楽家コリン・マクフィーとその時代』『ミニマル・ミュージック──その展開と思考』(以上、青土社)、『サウンド・エシックス──これからの「音楽文化論」入門』『オーケストラ再入門──シンフォニーから雅楽、ガムラン、YMOまで』(以上、平凡社新書)、『ピアソラ』(河出書房新社)、『無伴奏──イザイ、バッハ、そしてフィドルの記憶へ』(アルテスパブリッシング)ほか多数。また、坂本龍一総合監修による音楽全集「schola(スコラ)」シリーズの選曲・執筆に携わる。


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 
    中村安希
    聞き役:小沼純一
  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE