NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/09 - 2017/10
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
2017/10
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 
 

2017/04/22 Sat

潮田登久子×島尾伸三×飯沢耕太郎
「大辻清司は私の先生だった
   ――本、モノ、先生」
『先生のアトリエ』(幻戯書房)刊行記念

書影/アトリエ001


写真家・潮田登久子さんによる、「本と本の置かれている環境」を主題とする3部作”SERIE BIBLIOTHECA” 。
昨年刊行された『みすず書房旧社屋』に続き、この春、『先生のアトリエ』
『本の景色』が同時刊行されました。

潮田さんは、このシリーズへの取り組みについて、こう語っています。
「「本」をオブジェとして写真撮影を試みているうちに、情報の担い手という「本」自体が持っている役割を超えて、新たに「本」そのものの存在が魅力となって浮き立ってきて、興味がつきません。 」

――シリーズ2冊めとなる『先生のアトリエ』は、潮田登久子さんが60年代に桑沢デザイン研究所で出会った写真の先生・大辻清司さん亡きあと、そのアトリエに通い、そこに在る「モノ」を撮影した1冊です。
遺品となり、読み手を一時うしなった「本」も、モノとして、そこに存在しています。

この写真集に焦点をあてた今回のトークイベントでは、おなじく大辻清司さんの教えを受けており、潮田さんのパートナーでもある島尾伸三さんもお招きし、写真評論家の飯沢耕太郎さんに聞き手となっていただいて、
本写真集で潮田さんが表現したものをとおして、被写体としての「本」、大辻清司さんの人物像にも迫っていきます。


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    潮田登久子
    島尾伸三
    飯沢耕太郎

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE