NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/11 - 2017/12
M T W T F S S
20212223242526
27282930123
45678910
2017/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2018/01
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
 
 

2017/10/25 Wed

斉藤章佳×小川たまか×二村ヒトシ×三浦ゆえ
「【緊急討論】今こそ本気で考えたい『男が痴漢になる理由』から読み解く日本の病 」
『男が痴漢になる理由』刊行記念

51UhmUtN-RL._SX336_BO1,204,203,200_

去る8月に刊行された『男が痴漢になる理由』は、痴漢の実態を解き明かし、撲滅の方策を探る1冊です。精神保健福祉士・社会福祉士としてこれまで1,200人を超す性犯罪者と対峙してきた著者・斉藤章佳さんは痴漢の実態を解き明かし、「常習化した痴漢行為の裏には“性依存症”という病がある」といいます。 また、「痴漢ぐらいで騒ぐなんて」と被害を軽視し、「そんな短いスカートを履いているから」と被害に遭った側に責任を押し付け、「痴漢よりも冤罪事件が問題だ」と問題をすり替える、さらには痴漢をはじめとする性的問題行動、犯罪行為を描写したAVがあふれる社会もまた、深刻な“病”に冒されているのではないでしょうか。 著者・斉藤章佳さんと、痴漢をはじめとする性犯罪にまつわる問題を追うライター・小川たまかさん、そして、これまた多くの“病”を内包するAV業界に長年身をおいてきた二村ヒトシさんが、痴漢問題に見る「日本の病」をそれぞれの立場から解き明かします! ーーー

【出演者プロフィール】
斉藤章佳(さいとう あきよし)
精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長。 1979年生まれ。大学卒業後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックにソーシャルワーカーとして、アルコール依存症を中心にギャンブル・薬物・摂食障害・性犯罪・虐待・DV・クレプトマニアなどさまざま々なアディクション問題に携わる。その後、2016年から現職。専門は加害者臨床で「性犯罪者の地域トリートメント」に関する実践・研究・啓発活動を行っている。また、大学や専門学校では早期の依存症教育にも積極的に取り組んでおり、講演も含めその活動は幅広く、マスコミでもたびたび取り上げられている。 著者に『性依存症の治療』、『性依存症のリアル』(ともに金剛出版/共著)がある。その他、論文多数。

小川たまか(おがわ たまか)
性暴力、教育、働き方などを取材するライター。エロは好き、暴力は嫌い。近々、性暴力とジェンダーに関する本を出版予定。

二村ヒトシ(にむら ひとし)
アダルトビデオ監督。1964年東京都生まれ。慶應義塾幼稚舎卒、慶応義塾大学文学部中退。監督作品として「美しい痴女の接吻とセックス」「ふたなりレズビアン」「女装美少年」など、ジェンダーを超える演出を数多く創案。現在は、複数のAVレーベルを主宰するほか、ソフト・オン・デマンド若手監督のエロ教育顧問も務める。著書に『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(ともにイースト・プレス)、『淑女のはらわた』(洋泉社)、『僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに』(KADOKAWA)など。

三浦ゆえ(みうら ゆえ)
フリー編集&ライター。女性の性と生をテーマに取材、執筆活動を行うほか、『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』シリーズをはじめ、『失職女子。〜私がリストラされてから、生活保護を受給するまで〜』『私、いつまで産めますか?〜卵子のプロと考えるウミドキと凍結保存〜』(ともにWAVE出版)などの編集協力を担当。著書に『セックスペディアー平成女子性欲事典ー』(文藝春秋)がある。

斉藤章佳(精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長)
小川たまか(性暴力、教育、働き方などを取材するライター)
二村ヒトシ(アダルトビデオ監督)
三浦ゆえ(フリー編集&ライター)


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    斉藤章佳(精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長)
    小川たまか(性暴力、教育、働き方などを取材するライター)
    二村ヒトシ(アダルトビデオ監督)
    三浦ゆえ(フリー編集&ライター)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE