NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/10
M T W T F S S
16171819202122
23242526272829
303112345
2017/10 - 2017/11
M T W T F S S
6789101112
13141516171819
20212223242526
 
 

2017/10/31 Tue

若林恵×廣田周作
「イスラエル・イノヴェイションのリアリズム」
WIRED REAL WORLD「イスラエル:シークレットテック & ミートアップ・ツアー」報告会

「リアリストであるためには、奇跡を信じられなければならない」
──イスラエル初代大統領、ベン・グリオン

2017年に本格始動した、『WIRED』日本版が“編集”する旅行企画「WIRED REAL WORLD TOUR」。エストニア・タリンドイツ・ベルリンに続き、9月に行われた「イスラエル:シークレットテック & ミートアップ・ツアー」は8200部隊出身のイスラエル人企業家の案内のもと、70年前の建国時まで沙漠が大部分を占めていた、この国の深層に迫る5日間となりました。

HRシステムとしての兵役、アイデアからバイアウトに至るスタートアップの「様式」、パレスティナに計画される夢の人工島と、地中海から中東、アジアをつなぐ横断鉄道、そしてエルサレムのダイヴァーシティ……。建国から70年を経て、熱狂的ともいえるスタートアップブームに沸くイスラエルは、テックイノヴェイションをめぐる熾烈なゲームが展開されている一方で、いまなお「敵対的な隣人」に囲まれた地政学的困難のなかにあります。

イスラエルにおけるイノヴェイションは、そうした困難を生き抜くための現実的なサヴァイヴァル戦略であると同時に、苛酷な状況そのものに働きかけていくための新たな変革ツールでもあるようです。苛酷な現実に鍛えられたリアリズムのなかに、彼らは果たしてどんな未来のヴィジョンを描くのでしょうか。

9月に開催されたベルリンツアー報告会に続く今回のイヴェントでは、実際のツアー参加者が、イスラエルでの体験を語ります。司会を務めるのは、ツアーエディターの『WIRED』日本版編集長の若林恵さんと電通ビジネス・クリエーション・センターの廣田周作さん。

ツアー参加者の目にイスラエルはどう映ったのか? 彼らが見た「イスラエル」とは、いかなる国家だったのか? イスラエルの熱気に直接触れてきたツアー参加者たちの声に耳を傾けてみましょう。

【出演者プロフィール】
01-1
若林恵(わかばやし・けい)
『WIRED』日本版編集長。1971年生まれ。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、出版社平凡社に入社。『月刊太陽』の編集部スタッフとして、日本の伝統文化から料理、建築、デザイン、文学などカルチャー全般にかかわる記事の編集に携わる。2000年にフリー編集者として独立。2011年より現職。
https://wired.jp/

02-1
廣田周作(ひろた・しゅうさく)
電通ビジネス・クリエーション・センター/cotas.jp編集長。放送局でのディレクター経験を経て、2009年に電通入社。現在、ビジネス・クリエーション・センターに所属。グローバル規模でのイノベーションリサーチを元に、企業のブランドコンサルティング、新規事業開発プロジェクトなどを手掛けている。電通モダン・コミュニケーション主宰。電通総研が運営するカルチャーメディア『cotas.jp』編集長。
http://cotas.jp/


イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    若林恵(『WIRED』日本版編集長)
    廣田周作(電通ビジネス・クリエーション・センター/cotas.jp編集長)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE