EVENT

CALENDAR

2018/09 - 2018/10
M T W T F S S
24252627282930
1234567
891011121314
2018/10 - 2018/11
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
2930311234
2018/11
M T W T F S S
567891011
12131415161718
19202122232425
 
 

2018/06/14 Thu

鹿島茂×高遠弘美
「文学とエロティスム」
『カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語』(上・下)刊行記念

image1 image2

フランス文学者、鹿島茂さんが十数年の歳月を注いだ『カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語』(上・下、キノブックス)が遂に発刊されました!

本書は、最高位の貴族夫人から娼婦、少女から熟女までを愛した天才プレイボーイ、ジアコモ・カサノヴァの生涯を描いた長篇作品です。カサノヴァは1725年、ヴェネチア生まれ。ヨーロッパの大都市を放浪しながら、錬金術師、ペテン師的な才能を発揮させ、各地で女性との恋愛遍歴を重ねます。

カサノヴァによる『回想録』は文庫版で全12冊の超大作ですが、本書はこれを上下巻の二冊に批評的にダイジェスト。エロティックな引用をふんだんに織り込みながら、波瀾万丈のカサノヴァの生涯に沿って、時代背景や男女の恋愛心理が解説されます。

本書の刊行を記念して、同じくフランス文学者の高遠弘美さんをお迎えし、トークイベントを開催いたします。

マルセル・プルースト『失われた時を求めて』の新訳(光文社古典新訳文庫)に取り組まれている高遠さんは、究極の性愛文学として名高い、ポーリーヌ・レアージュ『完訳Oの物語』の訳者でもあります。

文学にとってエロティスムとは何か。いわゆるポルノグラフィとは何が違うのか――。古今東西の文学作品に通暁されているお二人が、文学とエロティスムについて縦横無尽に語り尽くします。ぜひご期待ください!


【出演者プロフィール】
鹿島茂(かしま・しげる)
1949年、神奈川県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。明治大学教授、フランス文学者。『馬車が買いたい!』(サントリー学芸賞)、『子供より古書が大事と思いたい』(講談社エッセイ賞)、『職業別パリ風俗』(読売文学賞)、『成功する読書日記』(毎日書評賞)、『神田神保町書肆街考』、『失われたパリの復元』など著書多数。

高遠弘美(たかとお・ひろみ)
1952年、長野県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。明治大学教授、フランス文学者。著書に『プルースト研究』『乳いろの花の庭から』『七世竹本住大夫 限りなき藝の道』。訳書に『消え去ったアルベルチーヌ』『失われた時を求めて(1~5)』(プルースト)、『乳房の神話学』(ロミ)、『完訳Oの物語』(P・レアージュ)などがある。

イベントのご予約はこちらから!

※5月よりドリンク代のみ当日払いとなりました
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    鹿島茂
    高遠弘美

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen +(1 drink order 当日現金払い)
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE