EVENT

CALENDAR

2018/09 - 2018/10
M T W T F S S
24252627282930
1234567
891011121314
2018/10 - 2018/11
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
2930311234
2018/11
M T W T F S S
567891011
12131415161718
19202122232425
 
 

2018/10/20 Sat

高橋睦郎×栩木伸明
「ギリシアが齎してくれたもの」
『つい昨日のこと 私のギリシア』
『詩人が読む古典ギリシア』刊行記念

31hggNWwRRL._SX366_BO1,204,203,200_ 08602_big

詩人・高橋睦郎さんの詩集『つい昨日のこと 私のギリシア』(思潮社)と、評論集『詩人が読む古典ギリシア』(みすず書房)が、昨年から今年にかけて、あいついで刊行されました。

高橋さんは、半生にわたって古代ギリシアへの関心を深めるとともに、みずからの詩作の核にギリシアを据えてきました。そして今回、この詩人が実作と批評の両面から直接せまったことで、いま私たちの眼前に、類なき豊饒なギリシアが開示されている、と言っていいでしょう。

この2冊の刊行を記念し、トーク&朗読会を開催します。お相手は、アイルランド文学者の栩木伸明さん。現代と古代ギリシアを往還し、想像の翼を広げるひととき。ぜひお楽しみください。


【出演者】
高橋睦郎(たかはし・むつお)
1937年北九州八幡生まれ。1959年、第1詩集『ミノ・あたしの雄牛』刊。以後、詩集に『王国の構造』、『兎の庭』、『旅の絵』、『姉の島』、『永遠まで』など多数。短歌、俳句などあらゆる詩形式を試み、小説、能、狂言、浄瑠璃、オペラなどの実作もおこなう。『詩心二千年―スサノヲから3・11へ』、『和音羅読―詩人が読むラテン文学』をはじめ、東西の古典を独特な視点で読み直す評論・エッセイも多数ある。

栩木伸明(とちぎ・のぶあき)
1958年東京生まれ。早稲田大学教授。アイルランド文学・文化専攻。著書に『アイルランド現代詩は語る―オルタナティヴとしての声』、『声色つかいの詩人たち』、『アイルランドモノ語り』など。訳書にキアラン・カーソン『琥珀捕り』、ウィリアム・トレヴァー『聖母の贈り物』、ブルース・チャトウィン『黒ヶ丘の上で』、W・B・イェイツ『赤毛のハンラハンと葦間の風』『ジョン・シャーマンとサーカスの動物たち』などがある。


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    高橋睦郎
    栩木伸明

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE