B&B

EVENT

CALENDAR

2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
2019/12
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2019/12 - 2020/01
M T W T F S S
303112345
6789101112
13141516171819
 
 

2019/02/16 Sat

細川展裕×木野花
「木野花と語る、女優・木野花論」
『劇団☆新感線・細川Pの演劇系世間噺』

「劇団☆新感線」の躍進を支える演劇プロデューサーであり、昨年、『演劇プロデューサーという仕事』を刊行した細川展裕さんが脱力系の演劇講座を開きます。栄えある初回のゲストは、木野花さんです。

舞台、映画、テレビドラマと多方面に活躍する木野花さんですが、かつては女性だけの劇団「青い鳥」を旗揚げし、小劇場ブームの中心的存在でした。86年に同劇団を退団した木野さんに眼をつけたのが、当時、鴻上尚史さん率いる「第三舞台」のプロデューサーを務めていた細川さん。なんと木野さんに「第三舞台」の演出を御願いしたのです。

いまでこそ「プロデュース公演」などと呼ばれていますが、当時は、劇団の垣根を越えた交流は御法度。しかし木野さんは、即答で引き受け、1987年、細川さん初のプロデュース公演『朝日のような夕日をつれて〜天ノの磐戸編』が実現しました。

そんなプロデューサー細川さんの原点を知る木野さんをゲストに招いた演劇系世間噺第一回。細川さんは、「女優・木野花論」を語りたいそうですが、どうなるか(大幅脱線の可能性もあり)。ちなみに、第二回は未定(!)ですので、ぜひこの機会にご参加ください。

【出演者プロフィール】
プロフィール写真
細川展裕(ほそかわ・のぶひろ)
1958年愛媛県生まれ。1981年関西大学社会学部卒業。レコード会社を経て、1985年幼なじみでもある鴻上尚史氏が主宰する「第三舞台」に参加。2000年には、「劇団☆新感線」を運営する株式会社ヴィレッヂの代表取締役に就任。現在会長を務める。これまでに約220万人の集客を実現してきた演劇プロデューサー。『演劇プロデューサーという仕事』が初の著書になる。

木野花
木野花(きの・はな)
青森県出身。中学校の美術教師を1年で退職して演劇界に。1974年に女性だけの劇団「青い鳥」を結成。脚本と演出を役者全員が担い、小劇場ブームの中心的存在だった。1986年に退団後は、女優・演出家として活躍。出演最新作に映画『愛しのアイリーン』『母さんがどんなに僕を嫌いでも』など。3月16日から4月4日、シアタークリエにて舞台『十二番目の天使』に出演予定。地方公演有り。「第92回キネマ旬報ベスト・テン」にて助演女優賞を受賞。

イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    細川展裕(演劇プロデューサー)
    木野花(女優・演出家)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE