B&B

EVENT

CALENDAR

2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
2019/12
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2019/12 - 2020/01
M T W T F S S
303112345
6789101112
13141516171819
 
 

2019/04/27 Sat

岡藤真依×堅田浩二×野口理恵
「マンガ家と担当編集の不思議な関係」
『少女のスカートはよくゆれる』(太田出版)刊行記念

9784778322977.mid

4月12日に、マンガ家・岡藤真依さんの新刊『少女のスカートはよくゆれる』が太田出版から発売されます。

同書に登場するのは、幼児期のトラウマを抱えてなかなかセックスに踏み込めない女の子や、脳性マヒだけど普通に恋愛をしたい女の子など、さまざまな悩みを抱えた少女たち。

彼女たちにとって、恋をしてキスをしてセックスをするという「ステップ」を踏むことは当たり前のものではありません。さまざまな悩みを抱えた少女たちの「性」を、気鋭・岡藤真依さんが丁寧に紡いだ作品となっています。

今回、同書の刊行を記念して、トークイベントを開催します。

このイベントでは、マンガ家・岡藤真依さんと、処女作『どうにかなりそう』の担当編集、最新刊『少女のスカートはよくゆれる』の担当編集の3人が登壇。『少女のスカートはよくゆれる』の製作秘話を話しつつ、岡藤さんが、日頃溜まった編集への鬱憤(?)をぶちまける、公開ダメ出し会議。

マンガ家と担当編集は友だちでもなければ恋人でもない不思議な関係。ふたりが目指すのは、二人三脚で良い作品をつくることです。

マンガ家と担当編集だからこそ話せる、マンガの立ち上げから、単行本発売までの舞台裏を明かします。マンガ家志望者、編集者志望者は必見のトークイベントです。

【出演者プロフィール】
岡藤真依(おかふじ・まい)
兵庫県神戸市生まれ。乙女座。B型。漫画家、イラストレーター思春期の少年少女の、未完成な性をモチーフとした作風で注目を集める。京都精華大学芸術学科卒業。2013年「シブカル杯。」グランプリ受賞。美術手帖「ART NAVI」表紙、「Rolling Stone」日本版にイラスト提供など様々な媒体で活躍。初の本格マンガ『どうにかなりそう』(イースト・プレス)が発売中。
公式サイト http://okafujimai.com/

堅田浩二(かただ・こうじ)
岡藤真依『どうにかなりそう』(イースト・プレス)担当。編集者。早稲田大学第一文学部卒業後、白夜書房、太田出版を経てイースト・プレスへ。「江口寿史責任編集COMIC CUE」創刊に携わり、後に同誌編集長に。よしもとよしとも『青い車』、田中圭一『神罰』、吾妻ひでお『失踪日記』、山本直樹『明日また電話するよ』、地下沢中也『預言者ピッピ』、青山裕企『SCHOOLGIRL COMPLEX』シリーズ、最近では衿沢世衣子『ベランダは難攻不落のラ・フランス』、光用千春『コスモス』他担当。

野口理恵(のぐち・りえ)
岡藤真依『少女のスカートはよくゆれる』(太田出版)担当。編集者。担当書籍は、今日マチ子『センネン画報』、やくしまるえつこ×今日マチ子『ぼくのおひめさま』、青山景『ストロボライト』、タムくん『ロマンス』『マムアン』、長崎訓子『Ebony and Irony 短編文学漫画集』、大友克洋『GENGA』、『王子辞典』シリーズ、『まんがファッション』他多数。現在は太田出版で書籍編集と「WIRED」日本版の漫画連載(北村みなみ)等を担当。

イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら
※前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

  • 出演 _ 

    岡藤真依(マンガ家)
    堅田浩二(編集者/イースト・プレス)
    野口理恵(編集者/太田出版)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE