B&B

EVENT

CALENDAR

2020/11 - 2020/12
M T W T F S S
30123456
78910111213
14151617181920
2020/12
M T W T F S S
21222324252627
28293031123
45678910
 
 

2020/02/13 Thu

滝口悠生×阿久津隆×内沼晋太郎
「『日記』として書くことについての四方山話」
『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』(NUMABOOKS)刊行記念

yagate

 

世界各国の作家や詩人たちがアメリカ・アイオワ大学に集まり行なわれる約10週間の滞在型プログラム「インターナショナル・ライティング・プログラム(IWP)」。そこに2018年度参加した小説家・滝口悠生さんが現地での日々を日記として綴った『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』(NUMABOOKS)が、昨年末刊行されました。

 

本屋B&Bでは、『読書の日記』の著者であり、『新潮』連載時から「アイオワ日記」を愛読しているという阿久津隆さん(本の読める店「fuzkue」店主)をゲストにお迎えして、日記という形式で文章を綴るという行為の不思議について縦横無尽にお話しいただきます。

 

聞き手はお二人の著書の発行人であり、今年4月に日記の専門店「日記屋 月日」を下北沢でオープンする内沼晋太郎。ぜひお越しください。

 

【出演者プロフィール】
滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)
1982年東京都生まれ。2011年「楽器」で新潮新人賞を受けデビュー。2015年『愛と人生』で野間文芸新人賞。2016年『死んでいない者』で芥川賞。他の著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』『茄子の輝き』『高架線』。

 

阿久津隆(あくつ・たかし)
1985年栃木県生まれ。東京・初台にある〈本の読める店〉fuzkue店主。著書に『読書の日記』(NUMABOOKS)。春に『読書の日記 本づくり/スープとパン/重力の虹』(NUMABOOKS)、『本の読める店のつくりかた(仮)』(朝日出版社)を刊行(予定)。4月には下北沢店もオープンします(ので、B&Bにお越しの際はぜひ〜)。
Twitter:https://twitter.com/fuzkue

 

イベントのご予約はこちらから!

 

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら



・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

・イベント情報はTwitterでも毎日発信しております。@book_and_beerをフォローすると、最新のイベント情報取得や興味のあるイベントのリマインドとしてご活用いただけます。

  • 出演 _ 

    滝口悠生
    阿久津隆
    内沼晋太郎

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1500円+ドリンク500円(ともに税別)
    ■当日2000円+ドリンク500円(ともに税別)


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE