NEWS

SEMINAR

【終了】FIRST UNIVERSAL PRESS× SUNNY BOY BOOKS × 名久井直子「ブックデザインからみた活版印刷の魅力」 ワークショップ&トークイベント ~タイトルと本文を活版で刷る~


photo_print gallery

「活字が最も生きるのは書籍の本文として印刷されたときではないか」
と考えるあたらしい活版印刷屋、FIRST UNIVERSAL PRESS。

本が書き手、つくり手の手を渡って
最終的に人へ届けられる場<本屋>において、
活字の魅力そのものをみなさまにお伝えしたい。
このたび古本屋・SUNNY BOY BOOKS、
装丁家・名久井直子さんの協力のもと、
B&Bにて活版印刷のワークショップを開催いたします。

一部、二部では、参加者のお好きな文章を、活字を組んで実際に印刷。
最終回の三部では装幀家の名久井直子さんをお招きし、
「装幀家にとって活版はどのような魅力があるのか?」をテーマに
いままで活版で関わってきた仕事、そのエピソードなどをお話いただき、
ワークショップの総括を行います。

※全3回のワークショップへご参加いただく方へ、
受付後に個別でご連絡し、使いたい文章(自作及び引用の散文、
詩歌、俳句など400字以内)の内容をお伺いいたします。


【使用する活字について/他】
・タイトルは14ポイントで15字以内、色刷り(2色を予定)
・本文に使用する活字は9ポイント、縦組、墨刷り
・判型はA6寸(105×148㍉)
・版面9ポイント×31字×13行、行間8ポイント、小見出しを入れ可
・タイトルは別組する、14ポイントで15字以内、色刷り(2色を予定)
・用紙は名久井さんプロデュースの「ポルカ」4/6•90㌔、
 色は3種類用意(刷り色と紙の色は名久井さんセレクト)

【一部、二部の持ちもの】
エプロン(汚れてもよい服装)
※インクを使ったワークショップになりますのでご注意下さい。



FIRST UNIVERSAL PRESS
2012年設立。 東京都台東区寿2-6-9
他の印刷技法との融合や活字、活版の印刷関連業者
との一体化を目指しながら 活版印刷を、
本文を刷る印刷技法として存続させてゆきたいという想いをもつ。
2013年に5月、台東区寿に工房を立ち上げ予定.
http://www.facebook.com/pages/FUP-内外文字印刷/181838155193740
https://twitter.com/F_U_P_2012


SUNNY BOY BOOKS
古本屋。ブックカフェの本のセレクトやイベント、展示の企画も行う。本イベントの企画も担当。
2013年6月、東横線・学芸大学駅に新店舗をオープン予定。
http://www.sunnyboybooks.com


名久井直子
装丁家。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。
活版印刷による本のデザインも数点手がける。


【開催日時】
一部(組む)
5月18日(土)14:00~16:30
二部(刷る)
5月26(日)14:00~16:30
三部(トーク)
6月1日(土)14:00~16:00

【参加費】
全3回:7,500yen
第三部トークイベントのみ:1,500yen+1 drink order


【申込方法】
《全三回のワークショップ+トークイベントへ参加ご希望の方》
reserve※bookandbeer.com
(「※」の部分は「@」に直してください )まで、
タイトルを「活版ワークショップ/イベント参加希望」として、
お名前、所属、電話番号、メールアドレスを明記して、
メールにてお申込ください。
追ってお振込先などをご連絡させていただきます。

《第三部のトークイベントのみ参加ご希望の方》
以下の申し込みボタンより案内に従ってお申し込みください。

  • 出演 _ 

    名久井直子(装丁家)

  • 期間 _ 

    2013年5月18日、26日、6月1日

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 受講料 _ 

    全3回:7,500yen
    第三部トークイベントのみ:1,500yen+1 drink order


ARCHIVE

本屋
MAP

GET EVENTS INFO.

TWITTER

FACEBOOK

PROFILE