こちらを表示中:

フィクショネス 文学の教室
佐藤正午『鳩の撃退法』
を3ヶ月かけてじっくりと読む

フィクショネス 文学の教室
佐藤正午『鳩の撃退法』
を3ヶ月かけてじっくりと読む

※本イベントは来店と配信のいずれでもご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

 

「かつて直木賞も受賞した作家・津田伸一は、とある地方都市で送迎ドライバーをして糊口をしのいでいた。以前から親しくしていた古書店の老人の訃報が届き、形見の鞄を受け取ったところ、中には数冊の絵本と古本のピーターパン、それに三千枚を超える一万円札が詰め込まれていた。ところが、行きつけの理髪店で使った最初の一枚が偽札であったことが判明。勤務先の社長によれば、偽札の出所を追っているのは警察ばかりでなく、一年前の雪の夜に家族三人が失踪した事件をはじめ、街で起きる騒ぎに必ず関わる裏社会の〝あのひと〟も目を光らせているという。白黒つけたい誘惑に勝てず、津田伸一は駅の券売機に紙幣を滑り込ませてみるが・・・・・・。」(『鳩の撃退法』あらすじより)

 

2017年に著書『月の満ち欠け』が第157回直木賞に輝いた日本の現役作家・佐藤正午。

 

今回の文学の教室は、2015年に第6回山田風太郎賞を受賞し、多くの愛読家から圧倒的な評価を集めた『鳩の撃退法』に迫る3ヶ月になります。

 

開講にあたり、藤谷さんからコメントをいただきました!

 

7月からの「文学の教室」は、少しばかり実験的です。取り上げるのは佐藤正午さんの『鳩の撃退法』ですが、この告知文を書いている段階で、僕も未読なのです。読んだ友人知人から、「読んだ方がいい」「読んでいないのはおかしい」と、口々に言われます。小説名人と呼ばれている人ですし、直木賞受賞作『月の満ち欠け』は傑作ですから、きっと面白い小説なのでしょう。しかしどうやら、単に「面白い」とだけ言って片づけられる小説ではないようなのです。何が出てくるのか?僕も楽しみです。一緒に読みましょう。

 

今年の8月には、小説を原作にした映画公開を控えています。一度は耳にしたことがあっても、読んだことがないという方は実は多くいらっしゃるのではないでしょうか。是非この機会に文学の冒険に挑んでみてください。

 

フィクショネス×本屋B&B「文学の教室」は、1つの作品、1つの国や時代、1人の作家などに焦点を絞り、複数回に分けて、さまざまな視点で読み解く講座です。ホストは2014年7月に惜しまれつつ閉店した下北沢の書店「フィクショネス」の店主であり、作家の藤谷治さんにつとめていただきます。
 
それぞれ独立した回ですので、単発のみの参加でもお楽しみいただけます。また読了をされていなくても参加できます。
ずっと読みたかったけどなかなかきっかけがなかったという方や、かつて手に取ってみたけれどうまく読み進められなかったという方など、この機会にぜひご参加ください!
また、感想文や書評などを持参すれば、藤谷さんご本人からコメントもいただけます。物書きを目指す方にとっては、藤谷さんが語る創作上の技術や姿勢が創作の手引になることでしょう。

 

答え合わせではなく「文学」について考えるきっかけとなる「文学の教室」。
どうぞお気軽にご参加ください!

 
 

【講師プロフィール】
藤谷治(ふじたに・おさむ)
作家。1963年東京都出身。1998年から2014年までに東京の下北沢にセレクト・本屋「フィクショネス」を経営。また書店経営のかたわら創作を続け、2003年に『アンダンテ・モッツァレラ・チーズ』(小学館)で作家デビュー。近著に『小説は君のためにある』(筑摩書房)、『燃えよ、あんず』(小学館)、『猫がかわいくなかったら』(中央公論新社)、『睦家四姉妹図』(筑摩書房)がある。

 

______________________________________

 

【来店での参加につきまして】
・最大100名まで入る会場で、最大人数10名と絞りゆとりを持って設営しております。
・来店での参加の際にはマスクの着用をお願いしております。
・店頭に消毒用のアルコールをご用意しておりますので入店の際にご協力をお願いいたします。
・3月23日現在、ドリンクの提供は中止しております。
・来店チケットをご購入された方も配信でご覧いただけます。配信でのご視聴につきましては下記【配信での参加につきまして】をご確認ください。当日体調などに不安がある方はこちらをご利用ください。

 

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします。
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。
・イベント中の講師への質問などお気軽に行っていただくことができます。
・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。録画での視聴はできませんのでご注意ください。
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください。
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください。

 

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

 
______________________________________

 

イベントのご予約はこちらから!

 

※ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください

出演者フィクショネス 文学の教室

出版社

開催日時12:00~13:30 (11:50開場)
7月18日、8月15日、9月19日

開催場所本屋B&B
世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F

入場料■全3回通し来店参加(10名限定):1000円×3回=3000円
■全3回通し配信参加:1000円×3回=3000円
■単発参加:1500円
(上記いずれも税別)