B&B

EVENT

CALENDAR

2020/10 - 2020/11
M T W T F S S
19202122232425
2627282930311
2345678
2020/11
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 
 

2014/01/11 Sat

四方田犬彦 「日本もアジアの端っこ アジアは星の数だけある」『アジア全方位    papers1990-2013』(晶文社)刊行記念



韓国、香港、中国、タイ、インドネシア……そしてイラン、パレスチナまで。アジア中を飛び回り、日本の文化と社会の問題をつねにアジアという文脈の中で考えてきた四方田犬彦。
旅と滞在の折々に執筆された四半世紀にわたる思索と探求を集成した『アジア全方位』の刊行を記念し、トークイベントを開催いたします。

四方田さんは2013年10月から2ヵ月間、台湾に滞在して帰って来たばかり。そこで目にしたのは、若い人たちの間に根強い女神信仰でした。そんな台湾の文化、宗教に関する報告の話から、韓国との違い、日本との比較の話なども交えて、アジア的な知恵とは何かを導き出し、われわれ人間がこれからどうやって生きていくべきか、そのためのヒントを語っていただきます。多くのアジアの社会は植民地化を通して、日本よりもはるかにヨーロッパを知っています。日本は周辺の、そのまた周辺にすぎないということの自覚から、すべての認識を変えなければなりません。


四方田犬彦(よもた・いぬひこ)
東京大学で宗教学を、同大学院で比較文学を学ぶ。明治学院大学教授として長らく映画史の教鞭をとり、現在は文筆に専念。映像と言語、都市論を中心に批評活動を行い、著書は120冊余りに及ぶ。主なものとして『ルイス・ブニュエル』(作品社)、『日本の漫画への感謝』(潮出版社)、『大島渚と日本』(筑摩書房)が、アジア関連のものとして『ソウルの風景』(岩波書店)、『ブルース・リー』(晶文社)、『怪奇映画天国アジア』(白水社)などがある


  • 出演 _ 

    四方田犬彦

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE