EVENT

CALENDAR

2019/09 - 2019/10
M T W T F S S
16171819202122
23242526272829
30123456
2019/10
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/10 - 2019/11
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
 
 

2013/12/21 Sat

藤子不二雄先生が夢中になって読んだ『魔法のつえ』出版記念トークイベント左田野 渉×政田 美加×川口 貴弘『魔法のつえ』復刊と復刊ドットコムの歩み

2013年10月、伝説の児童書『魔法のつえ』が、復刊ドットコムより60年ぶりに刊行されました。

「僕も藤本くんも夢中になって読んだ本!」(藤子不二雄A・談) 数多くの名作を生み出した藤子不二雄両先生が、少年時代に夢中になって読んでいたといわれる伝説の童話『魔法のつえ』が、およそ60年ぶりに復刊されました。

藤本少年と安孫子少年は、この本を読みながらどんな夢を思い描いていたのでしょう。この物語には、藤子作品のヒントがたくさん隠れています。

本書の企画制作に携わった復刊ドットコム左田野社長、編集を担当された政田さん、デザインを担当した川口さんによるトークイベントを行います。『魔法のつえ』刊行までの隠れたエピソードや、この本への想いを語ります。また、これまで多くの名著を復刊されてきた復刊ドットコムのこれまでの歩みや制作秘話、今後のこともお話して頂きます。司会は、元 文化庁に在籍、現 co-labナレッジ・ファシリテェイター山崎さんです。

左田野 渉
株式会社復刊ドットコム 代表取締役社長
1958年北九州市生まれ、兵庫県西宮市育ち、1978年に神奈川県立横浜翠嵐高校卒業、1981年に東京都立大学法学部卒業。本が好きでたまらず、本に関わる仕事がしたいと1981年、日販(いわゆる本の問屋さん)に入社。同社の物流センター設立のプロジェクトリーダーなどを務め、1999年、株式会社ブッキング(現:株式会社復刊ドットコム)に出向。「復刊ドットコム」を立ち上げる。この間に「復刊ドットコム奮戦記」(築地書館)を刊行。2009年、会社ごとCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)に移籍。以後、復刊ドットコムの代表を務める。ペンネームは「野猿(やえん)」。

政田 美加
株式会社復刊ドットコム 編集者
渋谷区生まれ、渋谷区育ち。立教大学法学部卒業。本に囲まれて仕事がしたいと1983年、日販に入社するも、配属先がコンピュータを扱う部署で、本に関われず3年余で退社。編集者を目指し(株)新書館に入社。「月刊WINGS」で編集を学ぶ。その後(株)新潮社に移り、文庫編集部を経て月刊誌「03 TOKYO calling」の立ち上げに参加。1987年に週刊誌「FOCUS」に移籍。2004年より子育てに専念していたが、2012年より現職に復帰。主に児童書・実用書の復刊に携わる。

川口 貴弘
アートディレクター/グラフィックデザイナー
1996年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。株式会社スタジオワープ、株式会社日本デザインセンターを経て、タックデザイン設立。ブランディングをメインに、展覧会、映画、スポーツイベントのアートディレクション、グラフィックデザイン、ウェブサイト構築、エディトリアルデザイン、書籍の装丁を中心に手掛ける。子どもの想像力と未来を考える企画立案室『学童舎』を、2011年に立ち上げました。JAGDA会員。


  • 出演 _ 

    左田野渉(株式会社復刊ドットコム代表取締役社長)
    政田 美加(株式会社復刊ドットコム編集者)
    川口 貴弘(アートディレクター/グラフィックデザイナー)
    山崎 美緒( co-labナレッジ・ファシリテーター)

     

     

     

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE