B&B

EVENT

CALENDAR

2020/08
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
2020/08 - 2020/09
M T W T F S S
24252627282930
31123456
78910111213
2020/09 - 2020/10
M T W T F S S
14151617181920
21222324252627
2829301234
 
 

2014/07/09 Wed

大竹昭子×乾久美子 「この写真が〈気になる〉理由」 『この写真がすごい2』(朝日出版社)刊行記念


作家のプロ・アマや年齢、ジャンルを問わず、ただ「すごい」写真だけを集めた『この写真がすごい2』(朝日出版社)。
裸、葬式、よっぱらい、巨大ダコ……作家の大竹昭子さんが「なんだか気になる」写真を70枚選び、その一枚一枚のどこに惹かれるのか、その理由は何なのかを考え短い言葉を添える。
写真との新たな出会いへと誘う、ユニークで斬新な写真の入門書。大好評『この写真がすごい』シリーズの第二弾です。

トークのお相手は建築家の乾久美子さん。
乾さんは半年以上かけて学生と日本全国をまわり、「生きられた場所」としての風景を18,000事例の写真に撮影。
それを「サービス」という観点のもと、「やまびこ」「プリクラフレーム」「照明いらず」「ゆったり使用中」といった全く新しい見方で分類し(その数150!)『小さな風景からの学び』という展覧会(TOTOギャラリー・間)と書籍(TOTO出版)にまとめられました。

ともに「写真からの発見」をテーマにした本を著した二人が、互いの書籍の中から「すごい」「気になる」と感じた写真を応酬し、その何に惹かれたのかを話します。
見たものを写真にすることの面白さ、写真から読み取れる世界のあり方、文筆家/建築家の視点による写真の魅力の違いなど、ジャンルを飛び越えながら「写真の謎」を語り合います。
写真好きはもちろん、建築に興味がある方も、写真を見る眼が広がるこの機会にぜひご参加ください!



大竹昭子(おおたけ・あきこ)
1950年東京都生まれ。作家。小説、エッセイ、評論などジャンルを横断して執筆し、自ら写真も撮る。写真関係の著書に『眼の狩人』(新潮社/ちくま文庫)『彼らが写真を手にした切実さを』(平凡社)『この写真がすごい2008』(朝日出版社)『ニューヨーク1980』(赤々舍)、小説に『図鑑少年』(小学館/中公文庫)『随時見学可』(みすず書房)『ソキョートーキョー』(ポプラ社)など。

乾久美子(いぬい・くみこ)
1969年大阪府生まれ。1992年東京藝術大学美術学部建築科卒業。1996年イエール大学大学院建築学部修了。1996〜2000年青木淳建築計画事務所勤務を経て、2000年乾久美子建築設計事務所を設立。2011年東京藝術大学美術学部建築科准教授就任。主な建築作品に、「Dior Ginza」(2004)、「アパートメントI」(2007)、「フラワーショップH」(2009)、「KYOAICOMMONS」(2011)など。現在は東北で小・中学校の計画が進行中。



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    大竹昭子(作家)
    乾久美子(建築家)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE