EVENT

CALENDAR

2019/04 - 2019/05
M T W T F S S
22232425262728
293012345
6789101112
2019/05
M T W T F S S
13141516171819
20212223242526
272829303112
2019/05 - 2019/06
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
 
 

2015/04/26 Sun

角舘健悟×大比良瑞希×小林光大×シータカワタナベ「ヘイセー・トーキョー〜新世代のクリエイターたちに今聞いてみたいこと〜 」

※ 「ヘイセー」生まれの人たちに向けた語り口であることを、お許しください。

君はしってるかい?
ここトーキョーには「ヘイセー」世代の先頭を走っている
素晴らしいクリエイターたちがたくさんいることを。
(引用: tofubeats – 水星)

「ヘイセー」もはじまって、26年。元年生まれは、26歳。

ようやく社会でそれぞれが「何者か」になってきたり。
ようやく自分たちの個性や日々考えていることが、社会に映るようになってきたり。

本当の「ヘイセー」が顔を覗かせるのはきっと、これからなんじゃないか。そんなふうにおもうのです。

本イベント『ヘイセー・トーキョー』は「ヘイセー」の表現者として大活躍が期待される、
さまざまなジャンルの「トーキョー」在住クリエイターを招いて、トークイベントやライブイベントを繰り広げていきます。

記念すべき第1回のゲストは、東京を中心に活動する音楽集団Yogee New Wavesのギター&ボーカル角舘 健悟さん。
シンガーソングライター大比良瑞希さん。写真家の小林光大さん。

ヘイセー世代で突出する存在となった彼らに影響を与えてきたものは、果たして何なのか。彼らがこれから切り開こうとしているのは、どんな未来なのか。

本・映画・音楽のこと。これまでのこと。これからのこと。

同じ時代を生きてきた者同士だからこそ、そこにはきっと、ハッとさせられる何かがあるかも。

トーク終了後には、角舘さんと大比良さんによるアコースティックライブもあり。

本に囲まれながら、ビールを飲みながら、いいじかんを過ごしましょう。



角舘 健悟(かくだて・けんご)
東京を中心に活動する音楽集団
Yogee New Wavesのギター&ボーカル。
都会におけるPOPの進化をテーマに活動中。
はっぴいえんど、松任谷由実、山下達郎、
サニーデイサービス、フィッシュマンズ。
偉大な日本ポップミュージックの恩恵を存分に受けた
彼ら平成世代にしか表現できないポップミュージックを奏でている。

Climax Night / Yogee New Waves



大比良瑞希(おおひら・みずき)
東京出身のシンガーソングライター。
イタリア電機メーカー「デロンギ」のCMソングに起用され
注目を浴びたバンド・ヘウレーカのギター&ボーカル、
作詞作曲・アートワークを担当。
2014年夏にバンド活動を休止後、
2015年から遂にソロプロジェクト開始。

Sunday Monday / 大比良 瑞希



小林光大(こばやし・こうだい)
ポップシーンに彗星の如く現れた新進気鋭、平成生まれのフォトグラファー。
アメリカの著名音楽メディアPitchfolkに「日本の注目ネットレーベル」として取り上げられた
『Ano(t)raks』よりリリースされた作品のほとんどの写真を手掛ける。
80s’を彷彿とさせるノスタルジアを漂わせつつ、随所に今の時代ならではの新しさを盛り込んだ写真の世界観が、
一部音楽コアファンを中心に大きな注目を集めている。

I Heard You Looking



シータカワタナベ(しーたかわたなべ)
1990年、山形県生まれ。山形県育ち。
シティ・ボーイ・ライフに憧れて、片田舎から上京。
大学卒業後、外資レコード会社にて邦楽デジタル推進業務、
制作ディレクター職を経て、2015年より音楽系スタートアップへ。
松本隆 meets スチャダラパー 的なシティ・ボーイを(未だに)目指して日々荒波に揉まれ、飲まれ、悶えながら精進中。



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    角舘健悟(ミュージシャン)
    大比良瑞希(ミュージシャン)
    小林光大(写真家)
    シータカワタナベ(司会)

  • 時間 _ 

    15:30~17:00 (15:00開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE