B&B

EVENT

CALENDAR

2020/10 - 2020/11
M T W T F S S
19202122232425
2627282930311
2345678
2020/11
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 
 

2015/05/25 Mon

北条かや×平林緑萌×今井雄紀「北条かや初単独イベント」『整形した女は幸せになっているのか』(星海社新書)刊行記念 



星海社新書編集部が、下北沢B&Bに登場
大人気星海社新書の月例イベントが、下北沢B&Bに初上陸!
2014年、『キャバ嬢の社会学』で社会学に新風を吹き込んだ北条かやが、満を持して送り出すデビュー2作目『整形した女は幸せになっているのか』。その発売日となるこの日、下北沢B&Bに、著者本人が登場します。

新刊の内容についてはもちろん、企画開始に至った経緯や、整形経験者へのインタビューで感じたこと/書けなかったこと、今後の野望など、「この場」でしか聞けない話が盛りだくさん。
社会学の俊英、北条かやと同じ空気を共有し、五月病を吹き飛ばそう!

■内容紹介:『整形した女は幸せになっているのか』
「顔さえ変えれば、うまくいく?」
あっけらかんとした「公言」に留まらず、手術前後をブログで「実況」するモデルまで出現し、
ますますカジュアルになっていく「美容整形」。
ある調査によれば、18歳〜39歳の日本人女性の実に11%が、整形経験者であるという。
スマホで手軽に写真撮影・アップロードができ、
これまで以上に「見た目」で判断される機会の増えた現代社会。
時に美しさは、幸せになるための必要条件であるかのように語られる。
美しく生まれた女が幸福に近いのであれば、
美しさを「手に入れた」女もまたそうであると言えるのか。
現代社会だからこそ出現したこのいびつな問いに、社会学の俊英が挑む。
「あなたのモラルは、どこまで許す?」

●北条かや(ほうじょう かや)
著述家。1986年、石川県金沢市生まれ、東京在住。同志社大学社会学部を出たのち、京都大学大学院文学研究科修士課程修了。キャバ嬢のことを「女を売りにする人たちであり、自分とは違う」と考えていたが、「差別してるだけなんじゃない?」という先輩の一言に心打たれ、一念発起。自らキャバクラで働き、調査を行った経験をもとに2014年『キャバ嬢の社会学』を上梓した。「BLOGOS」、「J-CASTニュース」、「Yahoo!ニュース」はじめ複数のメディアに、社会系・経済系の記事を寄稿・提供する傍ら、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」、TOKYO MX「モーニングCROSS」などに出演する。趣味は、節約。

●平林緑萌(ひらばやし もえぎ)
星海社エディター。1982年奈良県生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士前期課程修了。書店勤務・版元営業を経て編集者に。2010年、星海社に合流。歴史と古典に学ぶ保守派。趣味は釣りと料理。忙しいと釣りに行けないので、深夜に寂しく包丁を研いでいる。担当作:『中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立』、『僕たちとアイドルの時代』、『江戸しぐさの正体』、『僕たちのゲーム史』、『知中論』、『テヅカ・イズ・デッド』など

●今井雄紀(いまい ゆうき)
星海社アシスタントエディター。86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについて割りとまじめに勉強。就職を機に 上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。 「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。尊敬する人物は、小谷正一。担当作:『アニメを仕事に!』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』、『百合のリアル』、『夢、死ね!』など



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    北条かや(著述家)
    平林緑萌(星海社エディター)
    今井雄紀(星海社『ジセダイ』編集長)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE