EVENT

CALENDAR

2019/09 - 2019/10
M T W T F S S
16171819202122
23242526272829
30123456
2019/10
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/10 - 2019/11
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
 
 

2015/06/26 Fri

木村俊介×M浦×豊田夢太郎「漫画雑誌を編集するということ」『漫画編集者』(フィルムアート社)刊行記念



「漫画編集者」と聞いて、どんな人を想像しますか? 

漫画家から(怖い顔で)原稿を取り立てる人? 
お酒ばっかり飲んでる人? 
朝から晩まで働いている人?  
等々。

正確に説明できる人はそう多くないと思います。

しかし、今や日本の、いや世界の最先端をいく「マンガ」は、彼らの存在を抜きにしては語れません。

「漫画編集者」とはどんな存在なのか。そして、彼らは何を生み出しているのか。

その答えともなるのが『漫画編集者』という本です。

本イベントでは、最もダイレクトかつシビアに「マンガ」の状況を映し出す「最前線」、「マンガ雑誌」編集の現場の話にスポットを当てていきます。

『ヤングマガジン』編集部で、昨年9月に新たに創刊された『ヤングマガジン サード』のチーフも務めるM浦氏、昨年休刊となった『IKKI』編集部で長年活躍し、現在は、今年3月に刊行スタートとなった『ヒバナ』編集部に所属するフリーランス編集者の豊田夢太郎氏を迎え、インタビュアー木村俊介氏が「《マンガ雑誌》を編集するということ」の「本当のところ」に迫るべく、あらゆる角度からお話をうかがいます。

新創刊された『ヤングマガジン サード』『ヒバナ』の表と裏についても、たっぷりとお話いただきます。

時代を先読みをしながら、目まぐるしく動き続けるマンガ雑誌というメディアをめぐって、まさに現役バリバリで活躍する最前線の二人の編集者と、これまで500人をゆうに超える人数のインタビューをしてきた気鋭のインタビュアーが「リアルなところ」を語り尽くす、漫画関係者、漫画好き、そしてメディア関係者も必見の内容です。ぜひお越しください!

【出演者プロフィール】
木村俊介(きむら・しゅんすけ)
インタビュアー。1977年、東京都生まれ。
著書に『善き書店員』(ミシマ社)、『料理の旅人』(リトルモア)、『仕事の話』(文藝春秋)、『変人 埴谷雄高の肖像』(文春文庫)、『物語論』(講談社現代新書)、聞き書きに『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『芸術起業論』(村上隆/幻冬舎)、単行本構成に『西尾維新対談集 本題』(講談社)、『海馬』(池谷裕二・糸井重里/新潮文庫)、『イチロー262のメッセージ』シリーズ(ぴあ)などがある。

M浦
漫画編集者。ヤンマガサード・チーフ。

豊田夢太郎(とよだ・ゆめたろう)
漫画編集者。1973年、東京都出身。
実業之日本社・漫画サンデー編集部で勤務後、フリーランスとなり小学館・月刊『IKKI』編集部専属契約編集者に。『IKKI』休刊後の現在はビッグコミックスピリッツ増刊『ヒバナ』編集部所属。ジョージ朝倉、五十嵐大介、いがらしみきお、オノ・ナツメ、スエカネクミコ、鎌谷悠希各氏ほか担当作家多数。書籍『漫画編集者』の企画編集にも携わる。



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    木村俊介(インタビュアー)
    M浦(『ヤングマガジン サード』編集部)
    豊田夢太郎(『ヒバナ』編集部)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE