B&B

EVENT

CALENDAR

2020/09 - 2020/10
M T W T F S S
2829301234
567891011
12131415161718
2020/10 - 2020/11
M T W T F S S
19202122232425
2627282930311
2345678
2020/11
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 
 

2015/07/13 Mon

小田桐昭×鏡明
「世界の広告と日本の広告」白熱CM教室

なぜ、今、CMなのか?
理由は簡単です。
日本の広告は、CMで作られてきたからです。
メディアとしてのTVの価値が、落ちてきたと言われていますが、
コンテンツとしてのCMの力は、これまで以上に重要になっています。
CMは、今、必要とされている映像表現のクラフトの全てが統合されたものです 。
映像、音、そして言葉、そして、なによりも重要なコンセプト・ワーク。
それらの全てをもう一度、総合的に考えることによって、
皆さんに新たな武器をもたらすことができると思います。

 

鏡 明

 

今、CMを目指したり、CMの仕事をしている若い人たちは
あらゆる意味で「孤立」していると思います。
会社からも、上司からも、先輩からも、同僚からも、
そして社会からも切り離されていると感じています。
単なる「教える」ことではなく
彼らの悩みや、仕事の評価も含めて
「相談」を受けとめられるような、お互いがそのことで成長できるような
「教室」になると良いですね。

 

小田桐 昭

 

本イベントでは、日本のテレビCMの草創期から携わってきた小田桐昭氏と、電通時代に小田桐班としてCM制作のキャリアをスタートした作家の鏡明氏が、過去に放映された実際のCMの映像とともに、テレビCMの過去・現在・未来について熱く語り、参加者とともに「CM」というものについて本気で考える「教室」にしたいと考えています。

 

日本のCMが、世界で苦戦しています。
なぜなのでしょうか?

 

最新のカンヌの結果を含めて、過去のカンヌ、そして日本のCMを対比しながら、日本のCMの特質を考えます。 広告祭の意味も考えてみたいと思います。

 

【小田桐さん、鏡さんへの質問を募集中です】
質問の件名に「【小田桐昭さん鏡明さんに質問】と入れて、
以下のメールアドレス宛にお送りください。

 

hello<AT>bookandbeer.com
※<AT>の部分は「@」に直してお送りください。

 

【出演者プロフィール】

 

小田桐昭(おだぎり・あきら)
クリエイティブ・ディレクター。
1938年北海道生まれ。1961年、金沢市立美術工芸大学グラフィックデザインコース卒業。同年、株式会社電通に入社。広告のクリエーティブディレクションに従事。松下電器、国鉄、東京海上、資生堂などのクリエーティブディレクション。トヨタ自動車、サントリー等のクリエーティブ・スーパーバイザー。テレビ広告電通賞、サンケイ広告大賞、ACCグランプリを数回受賞。ほかに、カンヌ国際広告映画際金賞、銀賞、IBM部門賞、クリオ賞など海外でも多数受賞。広告のディレクション以外に、絵本、雑誌、装丁のイラストレーションも手がける。

 

鏡明(かがみ・あきら)
(もちろん作家だが、ここでは)クリエイティブ・ディレクター。
1948年山形県生まれ。1971年株式会社電通入社。ACC賞、 カンヌ、 アドフェストをはじめとする国内外の広告賞で受賞多数、また審査員を務める。2002年アジア最大の広告賞アドフェストで アジア人初の審査委員長を務め、2009年カンヌ国際広告祭では日本人初の審査委員長に就任。

 

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    小田桐昭(クリエイティブ・ディレクター)
    鏡明(クリエイティブ・ディレクター)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE