NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/11 - 2017/12
M T W T F S S
20212223242526
27282930123
45678910
2017/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
 

2015/11/11 Wed

我妻弘崇×佐藤智×中川淳一郎
「初の書籍を出した30代モノカキがこれからの栄えある人生を考える会」
『週末バックパッカー ビジネス力を鍛える弾丸海外旅行のすすめ』(星海社新書) 『公立中高一貫校選び 後悔しないための20のチェックポイント』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)刊行記念

347764_syumatsubackpacker-thumb-245x400-8531  9784799317716_1

モノカキとなったからには、名を馳せてやるぞ、コノヤロー! エイエイオー! と誰しも考えることでしょう。最初は署名原稿の仕事をもらい、その後はゴーストライターを経て、「書籍の著者になる」という目標を叶えていく、というのが一つの王道パターンでございます。

 この度初の単著を出した二人がB&Bに登場。8月26日発売・『週末バックパッカー ビジネス力を鍛える弾丸海外旅行のすすめ』(星海社新書)著者の我妻弘崇と、『公立中高一貫校選び 後悔しないための20のチェックポイント』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)著者の佐藤智が、書籍を出すに至るまでについてを語ります。

 我妻は35歳で元々は吉本興業所属のお笑い芸人。同期にはピースや平成ノブシコブシがいました。佐藤は33歳。大学院→出版社勤務→ベネッセ勤務を経て、教育系のライターになりました。モノカキの世界では「30代中盤ぐらいまでには単著を出したいね」という言葉がありますが、それを達成したワケですが、ここからが大変。それは「売れる本を出す」ということであります。

 果たしてどうすれば売れるのか、一つの目標は達成したもののこれからどうやってモノカキとしてやっていくのが良いのか……。漠然とした不安を抱く二人とともに、30代からのモノカキ人生を考えてみませんか? 司会は35歳の時に『ウェブはバカと暇人のもの』が売れて、「これで会社員に戻らないで済んだ……」と安堵した編集者・中川淳一郎。会場との意見交換なども含め、ポジティブな話をしていければ、と考えております。


我妻弘崇(あづま・ひろたか)
ライター。1980年北海道帯広市に生まれ、東京都目黒区で育つ。日本大学文理学部国文学科在学中に、東京NSC5期生(同期にピース、平成ノブシコブシ、三瓶、大西ライオンなど)として芸人活動を開始。2年間の芸人活動の後、いくつかの編集プロダクションを経て、フリーライターに。Web/雑誌問わず、多数の記事を執筆。29歳のときはじめて海外に出かけて以来、毎年コンスタントにアジア圏を訪問している。働きながら旅に出かけ、その経験を日常・仕事にフィードバックさせるスタイルを掲揚。尊敬する旅人は『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』でおなじみ太川陽介氏。旅好きではあるが、家でテレビをダラダラ見ているのが幸せな、怠惰な人間である。

佐藤智(さとう・とも)
横浜国立大学教育学研究科修了。出版社勤務を経て、ベネッセコーポレーションの教育研究開発センターで学校情報を収集して発信する教育情報誌の編集を担う。その後、独立。全国46都道府県(高知県のみ未上陸!)500人の教師にインタビューした経験を基に、学校情報・教育動向をわかりやすく伝えるライターとして活動。「センター試験がなくなるってほんと?」「なんで公立で中高や小中一貫校があるの?」「ズバリこの学校ってどう?」などの教育・学校についての素朴な疑問について、わかりやすく解説する。
モノカキになる際には、周囲から「ばかいってんじゃない」と止められたが、なんとかここまで生きられた。脱サラしてライターになる・なった人と励まし合いながら今後もがんばっていきたい!

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973年生まれ。ライター・編集者。夢は隠居。



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    我妻弘崇(ライター)
    佐藤智(ライター)
    中川淳一郎(ライター)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE