B&B

EVENT

CALENDAR

2020/05 - 2020/06
M T W T F S S
25262728293031
1234567
891011121314
2020/06 - 2020/07
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
293012345
 
 

2015/11/23 Mon

旦敬介×石川直樹
「ブルース・チャトウィンの原点へ」
『ウィダーの副王』
(みすず書房)刊行記念

07908_big

「何ゆえにこうした神秘に惹きつけられるのか、彼にはついにわからなかった。流血のせいなのか? 神のせいなのか? 汗の匂いや、濡れて光る肉体のせいなのか? この熱中を断ち切ろうにも彼の力はまったくおよばず、結局、アフリカが彼の運命なのだと納得して、彼はアフリカの花嫁をめとった。」
この物語は1970年代のベナンで始まる。ダ・シルヴァー族が各地から集まって、開祖フランシスコ・マノエルの没後117年を記念する祝宴が繰り広げられていた。
フランシスコ・マノエルはブラジルでの極貧生活に見切りをつけ、1812年、大西洋を渡り、西アフリカで奴隷商人として身を立てる決心をする。鉄の意志のほか何の武器も持たずに、ダホメー王から「副王」の地位を得た彼は、ウイダーの地で巨万の富を築き権勢を振るう。しかし、その栄光も長くは続かなかった……。
旅する作家・旦敬介による新訳。



――ことしの初夏、みすず書房より新訳が刊行された、ブルース・チャトウィン著『ウィダーの副王』。
これを記念し、チャトウィンの文学世界に造詣が深く、本書でも充実した解説を付した訳者の旦敬介さんと、写真家の石川直樹さんとお招きしてのトークイベントを開催いたします。

旦敬介さんは、作家であり、世界を移動する旅人でもあります。アフリカ、南米の旅から生まれた短編集『旅立つ理由』の刊行も記憶に新しいところ。
2012年の1年間はこの作品の起点となるブラジルのバイーアで暮らし、2013年の1年間は、旧ダホメーのベナン共和国で、「ブラジルからの帰還人」の調査をしました。

石川直樹さんは、『ウィダーの副王』のモデルとなった土地ダホメー(現べナン共和国)を訪ねた際に撮影したを写真を、作品集『VERNACULAR』(赤々舎)に収めています。

そんなおふたりに、本書をめぐって、自由にお話いただきます。
ふるってご参加ください。

※当日はアフリカのビールを仕入れる予定です(ご注文の方は、当日ドリンク代が変更となります)。お楽しみに。




※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    旦敬介(作家)
    石川直樹(写真家)

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE