B&B

EVENT

CALENDAR

2021/03
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
2021/03 - 2021/04
M T W T F S S
22232425262728
2930311234
567891011
 
 

2016/10/20 Thu

トンミ・キンヌネン×平松洋子
「フィンランドの家と女性たち」
『四人の交差点』(新潮クレスト・ブックス)刊行記念

71vPy3I2vEL


『四人の交差点』(古市真由美訳、新潮クレスト・ブックス)の邦訳刊行に合わせてフィンランドから初来日するトンミ・キンヌネンさんと、エッセイスト平松洋子さんのトークイベントが開催されます!

トンミ・キンヌネン著『四人の交差点』は、デビュー作でありながら数多くの文学賞を受賞し、13週連続で国内ランキング第1位の売り上げを記録。三世代にわたるフィンランドの女性たちの人生の記録であり、家を建て、改築し、そこに暮らすことをめぐる物語でもあります。

対談のお相手は、食を中心に世界各地の文化に造詣が深いエッセイストで、すぐれた書評家でもある平松洋子さん。『四人の交差点』の中で生き生きと描かれる女性たちのこと、家のこと、フィンランドの文化のこと等々、たっぷりお話しいただきます。



トンミ・キンヌネン
フィンランド北東部クーサモ生まれ。トゥルク大学卒業後、教師として十代の若者に国語と文学を教える一方、舞台の脚本等も手がける。2014年刊行の『四人の交差点』はデビュー作ながらヌオリ・アレクシス賞、キートス・キルヤスタ賞など多数の賞を受賞、舞台化もされ、16か国で翻訳出版予定。家族とともに南西部の都市トゥルクに住む。

平松洋子(ひらまつ・ようこ)
エッセイスト。食文化と暮らし、文芸と作家をテーマに執筆している。著書に『買えない味』(Bunkamura ドゥマゴ文学賞受賞)、『野蛮な読書』(講談社エッセイ賞受賞)、『夜中にジャムを煮る』、『焼き餃子と名画座』、『いま教わりたい和食』、『食べる私』、小川洋子との共著『洋子さんの本棚』ほか。最新刊『彼女の家出』。


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    トンミ・キンヌネン
    平松洋子

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE