NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/11 - 2017/12
M T W T F S S
20212223242526
27282930123
45678910
2017/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
 

2017/07/28 Fri

ラジカル鈴木×服部暁典×Takki
「New Power Talk…Live! ~プリンスの言葉~」
『プリンスの言葉 Words of Prince』(秀和システム)ヒット記念

51+me0QP3HL

2016年4月21日。57年の生涯を全速力で駆け抜け、2000曲以上の未発表レコーディングを残したまま、永遠の存在となったアーティスト・プリンス。

彼は、既存の価値観や常識に自らを合わせることを一切拒否し、己の感性と可能性を1000%信じ、圧倒的努力で空気を揺らし続けました。誤解や偏見を恐れず、音楽を武器に、愛を胸に、世の中と真っ向勝負してきたミネアポリスの小さな巨人の影響は、フィギュアスケート世界王者・羽生結衣選手ら、若き戦士たちにも及んでいます。

逝去後も、モーツアルトやベートーベンクラスの真の芸術家として、海外では日々評価が高まり続ける一方、日本においては、「80年代に売れたロックスター」「イロモノ」との認識がいまだ根強いのも事実です。

発売以来、わずか3週間で2回の重版、リアルタイム世代からは「プリンス・マインド迫る書」、新世代からは「プリンスの旅のお供」として認知されている『プリンスの言葉』。

アマゾンレビューでは、「地方にいて、一人でプリンスを聴いていた私のような人には、こうやって、プリンスのファンがちゃんと日本にいて、そして本まで出してくれたこと。その事実がプリンスへの素晴らしい追悼」と評されており、プリンスロスに苛まれる人々の処方箋として、プリンス愛をつなぐ媒体としても機能しています。

この夏、同書のロングセラーを記念してプリンス・チルドレンたちがプリンスの魅力をシェアするイベント、「New Power Talk…Live! ~プリンスの言葉~」が決定しました。

「プリンスに詳しい」、だけではなく、彼を師と仰ぎ、触発され、それぞれの分野で自分のブランディングに成功した3人が、プリンスの魅力と影響を語りあいます。

「さぁ、立ち上がれ! だってキミの人生だろ? “Sexuality”」と聴衆を煽りながらも、個性と社会の価値観のギャップに悩む人たちに「大勢の人たちがどうしてるか、なんて気にするな。君が本当に好きなことについて、上手くいってるかどうかだけを気にするんだ! ”FIXURLIFEUP”」エールを送り続けたプリンス。

歴戦のプリンスフォロワーも、新しいプリンスビギナーも、7月28日はプリンス愛を共有する“ビューティフルナイト”になること必至です。

では、最後に3人からみなさんへのメッセージを。

“Don’t die without knowing Prince”
“プリンスを知らずして死ぬな”

【出演者プロフィール】
ラジカル鈴木(らじかる・すずき)
イラストレーター。1966年生まれ。独特のタッチで書籍、雑誌、広告、あらゆるメディアで活動、執筆や出演も多数。プリンス fam歴32年。1986年の初来日時から、関東圏内でのライブは総て体験、ミネアポリス、NYでも観る。2002年にはプリンスのスタジオ、ペイズリーパーク内でのライブに参戦。参加者は、プリンスに映画館に招待された。最も尊敬するアーティスト、クリエイターとしてプリンスの”イズム”を日々の指針としている。音楽・映画のメディアにもプリンス関連の記事やイラスト作品を多数発表。一目でラジカル作品とわかるプリンスイラストは生命感あるエネルギーが凝縮され、即座に記憶に刻まれるインパクトを有している。

服部暁典(はっとり・あきのり)
音楽制作家。1968年生まれ。Yellow Magic Orchestraに触発され小学生の頃から多重録音による音楽制作に傾倒。コンテンポラリー音楽演奏に必要な楽器演奏スキルを独学で習得していく。その後果てしないバンド活動や自作アルバムの発表、劇伴制作、ラジオ番組への音楽提供を積極的に行う。Label I.O.S.よりこれまでに7枚のアルバムを発表。90年代初頭からプリンス作品に傾倒。もともと自作曲とプリンスの作曲アプローチ、録音手法が似通っていたこともあり、近代レコーディング技術・技法の集大成でありつつ最先端でもあったプリンスサウンドのアナライズにのめり込む。以来パフォーマーとしてだけでなく、「スタジオの職人としてのプリンス像」を追い掛け続けている。初めてショックを受けた曲はPartyman。そんなタイミングだったのでLovesexy Tourを生体験していないことが人生最大の痛恨事。

Takki(二重作拓也 ふたえさく・たくや)
ツアードクター・スポーツドクター。1973年生まれ。1985にプリンスショックを受けて以来、ペイズリーパークやパープルレインの舞台・ファーストアヴェニューでもライヴを体験。プリンスファミリーや海外アーティスト来日時のツアードクターとして15年にわたりサポートしてきた。異なるジャンルを組み合わせクリエイトするプリンスマナーに習い、自身も「格闘技医学」を開拓。書籍やDVDも多数発表し、国内・海外でFightology Tourを展開。4月21日プリンス訃報直後に渡米、パークで祈りを捧げ、シーラEと語りあう写真がメディアを通じ世界中に拡散された。帰国後に「プリンスの言葉」を発表。書は現在パーク内に保存されている。


イベントのご予約はこちらから!

※チケットは6/23(金)12:00から若干数販売


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    ラジカル鈴木(イラストレーター)
    服部暁典(音楽制作家)
    Takki(ツアードクター/スポーツドクター)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE