EVENT

CALENDAR

2018/05 - 2018/06
M T W T F S S
21222324252627
28293031123
45678910
2018/06 - 2018/07
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2018/07
M T W T F S S
2345678
9101112131415
16171819202122
 
 

2018/05/20 Sun

下西風澄
「命と”私”の哲学
ーあれから20年、僕は考えた。」
『10才のころ、ぼくは考えた。』(福音館書店)刊行記念

20180520イベント


急遽開催決定!
『10才のころ、ぼくは考えた。』(福音館書店)刊行記念としまして、本書の著者である下西風澄さんをお招きしたトークショウをB&Bで開催できることになりました。
第一線で活躍する研究者や専門家が、平易な文章で語る月刊「たくさんのふしぎ」シリーズの今回のテーマは”哲学”。
子どもの頃、不思議に感じたあんなことやこんなこと。
生きているってなんだろう、死んでしまうってどういうこと?
感じて、思って、考えた先に何か見えるのでしょうか。

もう一度、私たちのすぐ身近にある”たくさんのふしぎ”を感じてみませんか?


〜下西さんからのメッセージ〜
子どもの頃から、「考える」ことが好きだった。何を見ても、何を聞いても、何かを考えた。
大人になって、考えるための知識と方法を学んだ。でもその最初の衝動は、子どもの頃に考えていたこととそんなに変わらない気がする。考えれば考えるほど分からなくなる問いを、記憶を辿りながら絵本に書いた。
あれから20年、僕はもう少しだけ、いろいろなことを深く考えることができるようになったと思う。人はどんなに無頓着でも、何かを考えて生きるしかない。だったら、「考える」ことの意味について、真剣に向き合ってみようと思っている。

【出演者プロフィール】
下西風澄(しもにし・かぜと)
1986年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学後、哲学を中心に講演・執筆活動を行う。
論文・執筆に「フッサールの表象概念の多様性と機能」(『現象学年報第33号』)、「色彩のゲーテ」(『ちくま』,筑摩書房)、「詩編:風さえ私をよけるのに」(YYY PRESS)ほか。連載に「夕暮れのサイエンス」(『GINZA』)、「文学のなかの生命」(『みんなのミシマガジン』)。
HP:kazeto.jp
twitter:@kazeto

イベントのご予約はこちらから!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    下西風澄

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen +1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE