EVENT

CALENDAR

2018/11 - 2018/12
M T W T F S S
12131415161718
19202122232425
262728293012
2018/12
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
2018/12 - 2019/01
M T W T F S S
24252627282930
31123456
78910111213
 
 

2018/06/11 Mon

吉田篤弘・吉田浩美×堀江敏幸
「小説と随筆のはざまに」
『あること、ないこと』(平凡社)刊行記念

あることないこと書影_180419

6/3(日)より追加チケット発売!
吉田篤弘さんの新作『あること、ないこと』(平凡社)の刊行を記念したトークイベントを開催します。本書は、世界を繙く事典、探偵譚、他の惑星から来た友人、秘密の桃太郎工場、そして思い出深い食堂やレコードの話など、エッセイでも小説でもなく、そのどちらでもあってどちらでもない文章で構成されています。

本イベントでは、吉田さんとともに「クラフト・エヴィング商會」名義で活動する吉田浩美さん、お二人と親交のある作家の堀江敏幸さんをお迎えし、本当と作りもの、小説と随筆、その境目はどこにあるのか(ないのか?)について、その創作の秘密と面白さを語っていただきます。


【出演者プロフィール】
吉田篤弘(よしだ・あつひろ)
1962年東京生まれ。小説を執筆するかたわら、吉田浩美とのユニット「クラフト・エヴィング商會」名義による著作と装幀の仕事を手がける。2001年講談社出版文化賞・ブックデザイン賞受賞。著書に『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『レインコートを着た犬』『モナ・リザの背中』『遠くの街に犬の吠える』『京都で考えた』など多数。

吉田浩美(よしだ・ひろみ)
1964年東京生まれ。吉田篤弘とのユニット「クラフト・エヴィング商會」名義で著作と装幀の仕事を手がける。2001年講談社出版文化賞・ブックデザイン賞受賞。著書に『a piece of cake』、クラフト・エヴィング商會名義による著書に『クラウド・コレクター』『ないもの、あります』『らくだこぶ書房21世紀古書目録』『おかしな本棚』『星を賣る店』など多数。

堀江敏幸(ほりえ・としゆき)
1964年生まれ。作家。1999年『おぱらばん』で三島由紀夫賞、2001年『熊の敷石』で芥川賞を受賞。その他の主に著書に『郊外へ』『回想電車』『雪沼とその周辺』『河岸忘日抄』『魔法の石板―ジョルジュ・ペロスの方へ』『バン・マリーへの手紙』『正弦曲線』『なずな』『戸惑う窓』『その姿の消し方』『音の糸』『坂を見あげて』『曇天記』など多数。

イベントのご予約はこちらから!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 
    吉田篤弘・吉田浩美(クラフト・エヴィング商會)
    堀江敏幸(作家)
  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen +1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE