EVENT

CALENDAR

2018/12
M T W T F S S
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2018/12 - 2019/01
M T W T F S S
31123456
78910111213
14151617181920
2019/01 - 2019/02
M T W T F S S
21222324252627
28293031123
45678910
 
 

2018/12/01 Sat

荒木健太郎×小沢かな
「空から舞い降りる雪の子に想いを馳せて」
『ろっかのきせつ』(ジャムハウス)刊行記念

9784906768448

雪の舞う冬の空を見上げると、みなさんはどんな気持ちになるでしょうか?
「待ち望んでいた雪がようやく降ってきた!」「電車ちゃんと動くかな」「雪おろしのしんどい季節がやってきた」などなど、色々な印象を持たれることと思います。

空から降ってくる雪のひとつひとつに注目してみると、ふわふわと舞い降りてきたぼたん雪はたくさんの結晶がくっついていたり、すばやく落ちてきた氷の粒は表面にたくさんのツブツブがついていたり、新しい発見が多くあります。「雪は天から送られた手紙である」(中谷宇吉郎博士)という言葉の通り、これらの雪の結晶ひとつひとつは空の気持ちを伝えてくれているのです。そんな雪の子の物語が、絵本になりました。

本イベントでは、気象絵本『ろっかのきせつ』著者である雲研究者・荒木健太郎さんと漫画家・小沢かなさんをお招きし、来場される皆さんと一緒に雪への愛を深めていきます。気象絵本の気象学的解釈やイラストへのこだわり・見どころ紹介、雪に関する研究の最新動向の紹介、雪結晶のライブドローイング、朗読会なども予定しています。参加特典として限定缶バッジもプレゼントします。

空から舞い降りる雪の子たちに想いを馳せると、どんよりとした冬の空がキラキラと輝いて見えるようになります。雲友たちと雪への愛を語り、雪愛まみれの時間を一緒に過ごしましょう。


【出演者プロフィール】
荒木健太郎(あらき・けんたろう)
雲研究者。気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官。1984年生まれ。茨城県出身。慶應義塾大学経済学部を経て気象庁気象大学校卒業。地方気象台で予報・観測業務に従事した後、現職に至る。防災・減災を目指して、豪雨・豪雪・竜巻などをもたらす雲の仕組みを研究している。著書に『ろっかのきせつ』(ジャムハウス)、『せきらんうんのいっしょう』(ジャムハウス)、『世界でいちばん素敵な雲の教室』(三才ブックス)、『雲を愛する技術』(光文社新書)、『雲の中では何が起こっているのか』(ベレ出版)など。
Twitter:@arakencloud、Facebook:kentaro.araki.meteor

小沢かな(おざわ・かな)
漫画家。イラストレーター。神奈川県出身。法政大学文学部日本文学科文芸コース卒業。学生時代、航空機・グライダーを操縦する部活「航空部」に在籍し、自家用操縦士(上級滑空機)の資格を取得。その経験を題材にした漫画『ブルーサーマル- 青凪大学体育会航空部-』を執筆。全5巻発売中(新潮社バンチコミックス)。気象絵本『せきらんうんのいっしょう』(ジャムハウス)イラストを担当。現在(2018年11月)、電子雑誌「ハツキス」(講談社)にて『野々宮月子はいつも眠い』連載中。
Twitter:@kana_ozawa_blue、Facebook:@kana.ozawa.bluethermal

イベントのご予約はこちらから!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら
・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

  • 出演 _ 

    荒木健太郎
    小沢かな

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE