EVENT

CALENDAR

2019/07 - 2019/08
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
2930311234
2019/08
M T W T F S S
567891011
12131415161718
19202122232425
2019/08 - 2019/09
M T W T F S S
2627282930311
2345678
9101112131415
 
 

2019/07/19 Fri

岸本佐知子×山崎まどか
「待望の作品集刊行記念!私たちが愛する「ルシア・ベルリン」ナイト!」
『掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集』刊行記念

掃除婦のための手引き書 書影(帯つき)
岸本佐知子が一読して打ちのめされ、翻訳を熱望した作家・ルシア・ベルリン、初めての邦訳作品集刊行!

ルシア・ベルリンは、3回の離婚を経て4人の息子をシングルマザーとして育てながら、高校教師、掃除婦、電話交換手、看護師などの仕事を転々とし、自身の体験に根ざした小説を書き続けた作家です。

2004年に逝去、生前もリディア・デイヴィス、レイモンド・カーヴァーはじめ多くの同時代人作家に影響を与えましたが、一部のみで知られる存在でした。ところがそれから10年を経てアメリカで編まれた短篇集がベストセラーになり、各メディアの年間ベスト本に選ばれるなど「再発見」され、いま各国で多くの読者を獲得しています。日本では、これまで数作が岸本訳で紹介され、そのたびに反響を呼んできました。

毎日バスに揺られて他人の家に通いながら、ひたすら死ぬことを思う掃除婦(「掃除婦のための手引き書」)。夜明けにふるえる足で酒を買いに行くアルコール依存症のシングルマザー(「どうにもならない」)。刑務所で囚人たちに創作を教える女性教師(「さあ土曜日だ」)……。

「このむきだしの言葉、魂から直接つかみとってきたような言葉を、とにかく読んで、揺さぶられてください」(本書「訳者あとがき」より)。どんな作家にも似ていない、その鮮烈な魅力とは?

ルシア・ベルリンにいち早く注目、紹介してきた山崎まどかさんをゲストに迎え、存分に語り合います。

【出演者プロフィール】
岸本佐知子
翻訳家。訳書にリディア・デイヴィス『話の終わり』『ほとんど記憶のない女』、ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』、スティーブン・ミルハウザー『エドウィン・マルハウス』、ジャネット・ウィンターソン『灯台守の話』、ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』など多数。編訳書に『変愛小説集』『楽しい夜』『居心地の悪い部屋』ほか、著書に『なんらかの事情』ほか。2007年、『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞を受賞。

山崎まどか
コラムニスト。女子文化全般、海外カルチャーから、映画、文学までをテーマに執筆。著書に『オリーブ少女ライフ』(河出書房新社)、『女子とニューヨーク』(メディア総合研究所)、『イノセント・ガールズ』(アスペクト)、『優雅な読書が最高の復讐である 山崎まどか書評エッセイ集』(DU BOOKS)、共著に『ヤング・アダルトU.S.A.』(DU BOOKS)、編著に『断髪女中――獅子文六短篇集 モダンガール篇』(ちくま文庫)、翻訳書にレナ・ダナム『ありがちな女じゃない』(河出書房新社)など。

イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら



・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

・イベント情報はTwitterでも毎日発信しております。@book_and_beerをフォローすると、最新のイベント情報取得や興味のあるイベントのリマインドとしてご活用いただけます。

  • 出演 _ 

    岸本佐知子(翻訳家)
    山崎まどか(コラムニスト)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE