EVENT

CALENDAR

2019/08 - 2019/09
M T W T F S S
19202122232425
2627282930311
2345678
2019/09
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2019/10 - 2019/11
M T W T F S S
21222324252627
28293031123
45678910
2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
2526272829301
 
 

2019/09/01 Sun

宮下洋一×河合香織
「誰が『命』を選ぶのか ――終末期医療・生殖医療の現場から考える」
『安楽死を遂げた日本人』(小学館)刊行記念

190901

人の「生き死に」の領域まで医療が及び始めた現代、平均寿命が延びる一方、新たな問題が噴出しています。

終末期医療では、安楽死を求める声が年々増加し、一方の生命誕生の局面でも出生前診断によって、胎児の病気や障害を理由とした中絶が行われるようになっています。

医療の進歩に法律が追いつかぬなか、命をめぐる問いは、本人、家族、医師を巻き込む切実なテーマです。

本イベントでは、『安楽死を遂げた日本人』を上梓した宮下洋一さんと、『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』で大宅賞を受賞した河合香織さんをお招きし、「命の選別」問題を考えます。

【出演者プロフィール】
宮下洋一 
宮下洋一(みやした・よういち)
1976 年、長野県生まれ。欧州在住のジャーナリスト。主な著書に、『卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて』『外人部隊の日本兵』(写真・横田徹氏)など。『安楽死を遂げるまで』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『安楽死を遂げた日本人』はその続編にあたる。

河合香織氏 プロフィール写真
河合香織(かわい・かおり)
1974年生まれ。神戸市外国語大学卒。主な作品に『セックスボランティア』『帰りたくない 少女沖縄連れ去り事件』。『ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち』で、小学館ノンフィクション大賞を、『選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子』で大宅賞を受賞。

イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら



・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

・イベント情報はTwitterでも毎日発信しております。@book_and_beerをフォローすると、最新のイベント情報取得や興味のあるイベントのリマインドとしてご活用いただけます。

  • 出演 _ 

    宮下洋一(ジャーナリスト)
    河合香織(ノンフィクション作家)

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE