B&B

EVENT

CALENDAR

2019/12
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2019/12 - 2020/01
M T W T F S S
303112345
6789101112
13141516171819
2020/01 - 2020/02
M T W T F S S
20212223242526
272829303112
3456789
 
 

2019/11/30 Sat

ペドロ・コスタ×小野正嗣
「映画が生まれる場所、言葉が生まれる場所」
『歩く、見る、待つ ペドロ・コスタ映画論講義』(ソリレス書店)をめぐって

11/27(水)15:00〜よりウェブ受付限定にて追加販売いたします。
参加をご希望の方はこちらのページよりお申し込みください。

 

PCL_COVER1

 

『ヴィタリナ(仮)』(2019)で本年のロカルノ映画祭の金豹賞、そして主演のヴィタリナ・ヴァレラもまた女優賞を受賞した、ペドロ・コスタ監督。

 

コスタ監督はこれまで、カメラを向ける被写体への深い洞察にもとづく作品を発表し続け、国内外で高い評価を得てきました。

 

コスタ監督が過去に東京で行った講義が、書籍『歩く、見る、待つ ペドロ・コスタ映画論講義』にまとめられたことから、その撮影技法、そして映画をめぐる思索にさらなる注目が集まっています。

 

今回は、最新作『ヴィタリナ(仮)』の日本プレミア上映のために来日するコスタ監督にお話をうかがいます。

 

対談相手として、小説、翻訳そして最近は戯曲も発表され、多面的な舞台でご活躍をされている小説家・仏語文学研究者の小野正嗣さんをお迎えします。

 

お二人には「創作の現場」をめぐる考え方についてお話いただきます。

 

夜々中の下北沢にて開かれるスペシャルトーク、ぜひご参加ください!

 

【出演者プロフィール】
ペドロ・コスタ(ぺどろ・こすた)
映画監督。1959年、ポルトガルのリスボン生まれ。1989年、長編劇映画第一作『血』を発表。以後、『溶岩の家』(1994)、『骨』(1997)でポルトガルを代表する監督のひとりとして世界的に注目される。リスボンのスラム街フォンタイーニャス地区で撮影した『ヴァンダの部屋』(2000)は日本で初めて劇場公開され高い評価を得た。その後、『映画作家ストローブ=ユイレ あなたの微笑みはどこに隠れたの?』(2001)、『コロッサル・ユース』(2006)、『何も変えてはならない』(2009)、『ホース・マネー』(2014)を発表。最新作『ヴィタリナ(仮)』(2019)はロカルノ映画祭で金豹賞と女優賞を受賞し、第20回東京フィルメックスにて日本プレミア上映が予定されている。

 

小野正嗣(おの・まさつぐ)
小説家、仏語文学研究者。1970年、大分県生まれ。『水に埋もれる墓』で朝日新人文学賞、『にぎやかな湾に背負われた船』(朝日新聞出版)で三島賞、『九年前の祈り』(講談社)で芥川賞受賞。著書に『残された者たち』(集英社)、『水死人の帰還』(文藝春秋)、『ヨロコビ・ムカエル?』(白水社)。訳書に、マリー・ンディアイ『三人の逞しい女』(早川書房)、アミン・マアルーフ『アイデンティティが人を殺す』、『世界の混乱』(共にちくま学芸文庫)などがある。

 

※本イベントは途中退出自由です。是非、お客様のお時間の許す限りご参加ください。

 

イベントのご予約はこちらから!

 

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら



・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

・イベント情報はTwitterでも毎日発信しております。@book_and_beerをフォローすると、最新のイベント情報取得や興味のあるイベントのリマインドとしてご活用いただけます。



 

  • 出演 _ 

    ペドロ・コスタ:映画監督
    小野正嗣:小説家・仏語文学研究者

  • 時間 _ 

    22:00~23:00 (21:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1500円+ドリンク500円(ともに税別)
    ■当日2000円+ドリンク500円(ともに税別)


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE