B&B

EVENT

CALENDAR

2020/01 - 2020/02
M T W T F S S
13141516171819
20212223242526
272829303112
2020/02
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
 
 

2020/01/19 Sun

海部健三×橋本正平
「結局、私たちは今年もウナギを食べていいのだろうか?」
『結局、ウナギは食べていいのか問題』(岩波書店)刊行記念

200119

 

生息数が年々減少し、今や絶滅危惧種に指定されているニホンウナギ。

 

けれど、「美味しいものは美味しいし、できるのなら食べ続けたい!」というのが私たち消費者の本音ではないでしょうか。

 

2019年7月に岩波書店より刊行された『結局、ウナギは食べていいのか問題』は、「これからもウナギを食べてもいいのか」という悩みに対し、適切な判断をするためのヒントを与えてくれる書物です。

 

著者である海部健三さんはウナギ保全の専門家であり、イベントではウナギを取り巻く素朴な疑問に対し、最新の知見に基づいて答えていただきます。

 

ゲストには八重洲にある老舗鰻屋「鰻 はし本」四代目店主・橋本正平さんをお迎えします。
橋本さんはバックバッカーとしてアメリカ・アジア各国を渡り歩き、DJをはじめとした音楽活動を経て、プロの蒲焼き職人となったという異色の経歴の持ち主です。

 

「うなぎの未来の相談会」という活動もされているお二人に、「ウナギのこれから」について存分にお話しいただきます。

 

ぜひご参加ください!

 

 
【出演者プロフィール】
prof_01
海部健三(かいふ・けんぞう)
1973年東京都生まれ。中央大学法学部准教授・中央大学研究開発機構ウナギ保全研究ユニット長。1998年に一橋大学社会学部を卒業後、社会人生活を経て2011年に東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程を修了し、博士(農学)の学位を取得。東京大学大学院農学生命科学研究科特任助教、中央大学法学部助教を経て、2016年より現職。専門は保全生態学。主な著書は『わたしのウナギ研究』(さ・え・ら書房、2013)、『ウナギの保全生態学』(共立出版、2016)。

 

200119_resize
橋本正平(はしもと・しょうへい)
1979年東京都生まれ。八重洲「鰻 はし本」四代目店主。高校卒業後、音楽活動やバックパッカーを経て24歳で「鰻 はし本」に入社。
現在は中小の鰻生産者と鰻の新しい価値付け(ブランディング)や、鰻資源の保全に対して何ができるのかなどに、鰻/川魚料理師として取り組んでいる。
 

イベントのご予約はこちらから!

 

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら



・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

・イベント情報はTwitterでも毎日発信しております。@book_and_beerをフォローすると、最新のイベント情報取得や興味のあるイベントのリマインドとしてご活用いただけます。



 

  • 出演 _ 

    海部健三:保全生態学者
    橋本正平:「鰻 はし本」四代目店主

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1500円+ドリンク500円(ともに税別)
    ■当日2000円+ドリンク500円(ともに税別)


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE