B&B

EVENT

CALENDAR

2020/07
M T W T F S S
6789101112
13141516171819
20212223242526
2020/07 - 2020/08
M T W T F S S
272829303112
3456789
10111213141516
 
 

2020/03/16 Mon

諏訪敦彦×高山明
「慣習化された映画/演劇の外へ」
『誰も必要としていないかもしれない、映画の可能性のために』(フィルムアート社)刊行記念

9784845919130.IN01

 

※本イベントは新型コロナウイルス感染症が拡大していることを考慮し、登壇者・関係者と協議した結果、開催を延期することといたしました。


チケットサイトでお申し込みをされた方にはサイトを通じて、店頭でお申し込みをされた方にはお電話で返金方法をご連絡しております。
連絡が来ていないというお客様はこちらのリンクよりお問い合わせください。


お手数をおかけしてしまい大変恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


なお、本イベントは延期開催に向け調整しておりますが、現時点では次回の開催日時は未定です。
開催の際は改めて告知をいたしますのでご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映画の制度に挑戦し、その独自のスタイルが世界を驚かせてきた映画監督・諏訪敦彦さん。

 

1月より公開中の最新作『風の電話』が、現在話題を呼んでいます。
その公開に先駆け、諏訪監督の初めての単著となる1冊、『誰も必要としていないかもしれない、映画の可能性のために』がフィルムアート社より刊行されました。

 

本書では、自身の歩みを振り返る書き下ろしの随筆、監督作について語ったインタビュー、教育への思いをつづった文章、出身地・広島を軸にしたエッセイ、北野武やペドロ・コスタなどを扱った映画評、西島秀俊や三浦友和といったキャストから見た諏訪監督に迫るインタビューなどを収録しています。
制作現場、大学の教室、広島、映画館……さまざまな場所で展開された諏訪監督の思考が凝縮されており、その全貌を知ることができる待望の1冊です。
本書の刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。

 

ゲストは、劇場の外に飛び出し、演劇を根源的に問う活動を行なっている高山明さん。東京や横浜などの都市を鋭く見つめ直すだけでなく、ホームレスや難民の方々、若いラッパーなどバッググラウンドが大きく異なる人々と協働している高山さんに、映画の形式を問い、キャストやスタッフとの新しい関係のかたちを探求してきた諏訪監督の作品や書籍をどう捉えているかをお話しいただきます。

 

映画や演劇、もっと広く文化の状況が大きく変化している現在において、お二人は今何を考え、そして何を誰と共に生み出そうとしているのか?
諏訪監督の『誰も必要としていないかもしれない、映画の可能性のために』と『風の電話』を切り口に、都市と創作の関係、異なる存在との協働のあり方、そして映画や演劇の可能性とは何か?などについて語っていただきます。

 

映画と演劇の最前線にいるお二人が、公の場で初めて言葉を交わす貴重な機会です。
映画や演劇に関心のある方はもちろん、芸術・文化に関心のある方はふるってご参加ください。
ここでしか聞けない新たな発見があるはずです。

 

【出演者プロフィール】
21013640_1270863523041230_1097787049_n
諏訪敦彦(すわ・のぶひろ)
1960年、広島県生まれ。1985年、東京造形大学造形学部デザイン学科卒業。在学中から山本政志や長崎俊一らの作品にスタッフとして参加する。1985年、在学中に制作した『はなされるGANG』が第8回ぴあフィルムフェスティバルに入選。大学卒業後はテレビのドキュメンタリー番組を多数手がける。1997年、『2/デュオ』で商業デビュー。同作はロッテルダム国際映画祭やバンクーバー国際映画祭などで賞を獲得する。その後、1999年『M/OTHER』で第52回カンヌ国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し、2005年『不完全なふたり』では第58回ロカルノ国際映画祭において審査員特別賞と国際芸術映画評論連盟賞を受ける。その他の長編監督作に『H Story』『ユキとニナ』『ライオンは今夜死ぬ』がある。また東京藝術大学大学院映像研究科の映画専攻にて教授を務めるほか、子供を対象にした映画制作ワークショップ「こども映画教室」に講師として多数参加するなど、映画教育にも深く関わっている。長編最新作である『風の電話』は2020年1月24日に公開。
『風の電話』公式サイト:http://www.kazenodenwa.com/

 
akira_takayama-565x681
高山明(たかやま・あきら)

1969年生まれ。2002年、演劇ユニットPort B(ポルト・ビー)を結成。実際の都市を使ったインスタレーション、ツアー・パフォーマンス、社会実験プロジェクトなど、現実の都市や社会に介入する活動を世界各地で展開している。近年では、美術、観光、文学、建築、都市リサーチといった異分野とのコラボレーションに活動の領域を拡げ、演劇的発想・思考によって様々なジャンルでの可能性の開拓に取り組んでいる。

 

イベントのご予約はこちらから!

 


本屋B&Bでは、環境保全の観点から、これまで無料でお渡ししておりましたレジ袋を、2020年3月1日より有料化いたします。

ビニール袋(小)→10円(税込)
紙袋(大)→50円(税込)

ご来店の際は、お買いもの袋などのご持参をご検討ください。
なにとぞご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら



・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

・イベント情報はTwitterでも毎日発信しております。@book_and_beerをフォローすると、最新のイベント情報取得や興味のあるイベントのリマインドとしてご活用いただけます。



 

  • 出演 _ 

    諏訪敦彦:映画監督
    高山明:演出家・アーティスト

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1500円+ドリンク500円(ともに税別)
    ■当日2000円+ドリンク500円(ともに税別)


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE