NEWS

SEMINAR

【終了】4月3日、4月10日(水)全2回開催天野祐吉の「トップクリエイターの“CM”術 —ヒットCMを徹底批評する 2Days」


犬のお父さんがお茶の間に受け入れられたのはナゼ? 
トミー・リー・ジョーンズ氏のCMが、こんなにも長く続いている理由は?
「キンチョー」のCMにみる大阪的発想のヒミツとは――?

おもしろいCMをつくるには、
おもしろいCMを”読み解く力”が必要です。

コラムニストで元「広告批評」編集長の天野祐吉さんは、
昨年出版した『クリエイターズ・トーク』のなかでCMとは、
「〝この時代はこんな空気だったな〟
という時代の覗き窓になっていること」と語っています。
また、「物売り芸として、アッと言わせる驚きがなくてはいけない」
とも言い切っています。

今、CMの果たす役割とはどのようなものなのでしょうか。
『クリエイターズ・トーク』に登場した作品を中心に、天野祐吉が解説。
日本のトップクリエイターたちが作ってきたCMを読み解いていきます。

※4月3日、10日の全2回の講義となります。
※テキストとして、『クリエイターズ・トーク』(青幻舎・刊)をご購入いただきます。

同書登場クリエイター:佐藤可士和、箭内道彦、葛西薫、澤本嘉光、中治信博、山崎隆明、福里真一、麻生哲朗、谷山雅計、中島信也、伊藤直樹、前田知巳、大貫卓也 ※敬称略・登場順 )

【日時】全2回(2013年4月3日、4月10日。両日とも水曜日)
【定員】:40名
【金額】:6500円(『クリエイターズ・トーク』付/テキスト込み価格)
     5000円(テキストをお持ちの方用/テキストなし価格)

天野祐吉(コラムニスト)
1933年東京生まれ。1979年に「広告批評」を創刊。2009年に同誌終刊後、「天野祐吉作業室」を設立。主な著書に『広告論講義』(岩波書店)、『私説 広告五千年史』(新潮選書)、共著に『広告も変わったねぇ。』(インプレスジャパン)、『可士和式』(天野祐吉作業室)など。朝日新聞の連載「CM天気図」は、前身の「私のCMウォッチング」から28年続く名物コラム。

【受講申込について】
下記サイトより、
・6500円(『クリエイターズ・トーク』付/テキスト込み価格)
・5000円(テキストをお持ちの方用/テキストなし価格)
のいずれかをご選択ください。決済をもってご受講完了となります。

  • 出演 _ 

    天野祐吉(コラムニスト)

  • 期間 _ 

    全2回(2013年4月3日、4月10日)
    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 受講料 _ 

    6500円(『クリエイターズ・トーク』付/テキスト込み価格)
    5000円(テキストをお持ちの方用/テキストなし価格)

  • 定員 _ 
    40名

ARCHIVE