NEWS

SEMINAR

菅付雅信の編集スパルタ塾(第三期)

※菅付雅信の編集スパルタ塾(第三期)は定員に達したため、募集を終了しました。
様々な雑誌や書籍の編集、そして「はじめての編集」「中身化する社会」などの著作で知られる編集者の菅付雅信が送る“辛くて楽しい”編集のスパルタ塾が好評につき第3期を開催。編集という「言葉とイメージとデザインをアンサンブルする力」を身に付けるため、一年間24回の講義で7回の講義と17人のゲスト講師による17回の課題を出し、実践力のある編集的なアタマを鍛える。課題は書籍や雑誌の企画から、広告キャンペーン、ウェブのコンテンツ、アプリの企画案まで。日本で一番辛く、日本で一番身に付く編集講座。
※課題図書の購入などで、月平均3000円程の資料費が別途かかる予定です。

<第3期のゲスト講師ラインナップ決定分>
#ブルータス編集長:西田善太
#15年4月よりクックパッド株式会社入社:松浦弥太郎
#新潮編集長:矢野優
#tha ltd代表/インタラクティヴ・デザイナー:中村勇吾
#文藝春秋 編集局長:鈴木洋嗣
#思想家/ゲンロン代表:東浩紀
#PARTY代表/クリエイティヴ・ディレクター:伊藤直樹
#ディスカバー21代表役社長:干場弓子
#風とロック代表/クリエイティヴ・ディレクター:箭内道彦
#AR三兄弟:川田十夢
#電通クリエイティブ・ディレクター 高崎卓馬
#博報堂ケトル代表/クリエイティヴ・ディレクター:嶋浩一郎
#numabooks:内沼晋太郎
この他、続々追加予定。合計17名予定。

プロフィール
編集者/菅付事務所代表。
1964年宮崎県宮崎市生れ。
『月刊カドカワ』『カット』『エスクァイア日本版』編集部を経て独立。『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』『リバティーンズ』の編集長を歴任。出版からウェブ、広告、展覧会までを編集する。書籍では、朝日出版社「アイデアインク」シリーズ、電通の「電通デザイントーク」シリーズ、平凡社のアート文庫「ヴァガボンズ・スタンダート」シリーズの編集を手がける。連載は『コマーシャル・フォト』。著書に『東京の編集』『編集天国』『はじめての編集』『中身化する社会』。2014年に東京を代表するギャラリストたちとアートブックの出版社「ユナイテッドヴァガボンズ」を設立、代表を務める。多摩美術大学非常勤講師。マーク・ボスウィック写真集『Synthetic Voices』でニューヨークADC賞銀賞受賞。


【受講申込】
seminar※bookandbeer.com
(「※」の部分は「@」に直してください )まで
「菅付雅信の編集スパルタ塾(第三期)受講希望」として、
お名前、職業(社名/職種)、電話番号、メールアドレスを明記して、メールにてお申込ください。
お席のご用意が出来次第、追ってお振込先などをご連絡させていただきます。
※ 受講後のご返金等は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。

  • 出演 _ 

    菅付雅信(編集者)

  • 期間 _ 

    2015年
    4月7日、4月21日、5月7日、5月19日、6月9日、7月7日、7月21日、8月4日、8月18日、9月8日、9月24日、10月6日、10月20日、11月10日、11月24日、12月8日、12月22日
    日程決定後追加記載予定
    全て20:00~22:00(19:30開場)
    ※ご入金をもって、講座登録完了となります。なお、ご入金後の返金・キャンセル等は一切ご対応いたしかねます。あらかじめご了承くださいませ。
    ※定員になり次第、受付を終了します。

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 受講料 _ 

    129,600円(全24回)


ARCHIVE