NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/11 - 2017/12
M T W T F S S
20212223242526
27282930123
45678910
2017/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
 

2014/03/13 Thu

栩木伸明×管啓次郎「栩木伸明が語る、アイルランドの魅力」第65回読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞記念


アイルランド、それは古来多くの人々を魅了してきたケルトの島、文芸の島。現代日本におけるアイルランド文学研究の第一人者である栩木伸明さん(早稲田大学教授)が、このたび『アイルランドモノ語り』(みすず書房)により第65回読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞しました。この機会に、アイルランドの尽きることのない魅力を存分に語っていただきます。お相手は詩人で明治大学教授の管啓次郎さん。おなじ読売文学賞の第62回受賞者です(インスクリプト刊『斜線の旅』による)。

「モノたちが語る身の上話に耳を傾けているうちに、『アイルランドモノ語り』が生まれた」(栩木伸明)。「旅を書く」という共通のテーマをもつお二人の自由な対話に、ぜひご参加ください。

☆当日は、アイルランドのビールがメニューに加わります!

栩木伸明(とちぎ・のぶあき)
1958年東京生まれ。上智大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程単位取得退学。現在、早稲田大学教授。専攻はアイルランド文学・文化。
主な著書に『アイルランド現代詩は語る――オルタナティヴとしての声』(思潮社)、『アイルランドのパブから――声の文化の現在』(日本放送出版協会)、『声色つかいの詩人たち』(みすず書房)、『アイルランド紀行――ジョイスからU2まで』(中公新書)他。訳書にキアラン・カーソン『琥珀捕り』『シャムロック・ティー』『トーイン』(以上東京創元社)、J・M・シング『アラン島』、コラム・マッキャン『ゾリ』(以上みすず書房)、ウィリアム・トレヴァー『聖母の贈り物』『アイルランド・ストーリーズ』(以上国書刊行会)、コルム・トビーン『ブルックリン』(白水社)などがある。

管啓次郎(すが・けいじろう)
1958年生まれ。明治大学大学院理工学研究科新領域創造専攻ディジタルコンテンツ系教授。担当科目は「コンテンツ批評」と「映像文化論」です。明治大学「野生の科学」研究所運営委員。日本学術振興会学術システム研究センター専門研究員。主な著書に『コロンブスの犬』『狼が連れだって走る月』(いずれも河出文庫)、『本は読めないものだから心配するな』『ストレンジオグラフィ』(いずれも左右社)、『斜線の旅』(インスクリプト、読売文学賞)、小池桂一との共著『野生哲学』(講談社現代新書)などがあります。詩集「Agend’Ars」4部作は『時制論』をもって完結しました(左右社)。



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    栩木伸明(アイルランド文学)
    聞き手:管啓次郎(詩人)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE