B&B

EVENT

CALENDAR

2020/06
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
2020/06 - 2020/07
M T W T F S S
22232425262728
293012345
6789101112
 
 

2014/04/03 Thu

北原みのり×朴順梨 『奥さまは愛国』(河出書房新社)刊行記念トーク


いま、この国では、愛国の思想を持ち、活動にはまる女性たちが増えている。
日の丸を振り、ヘイトスピーチを路上で叫ぶ彼女たちは、家に帰れば夫や子どもに食事を用意する、隣の〈普通の主婦〉でもある・・・・・・。
そんな女性たちの存在に驚き、そして知ろうと試みたフェミニストと元・在日韓国人三世が、一年前から取材を重ね、この2月に『奥さまは愛国』という本を上梓しました。
 
愛国女性たちの動機は何か、社会に望むものは何か、そして何を愛し、守ろうとしているのか。明治神宮、新大久保、幼児学校、皇居、朝鮮学校、靖国神社…etc
愛国活動の場を訪ね、北原さんはジェンダー視点で、朴さんはマイノリティ視点でそれぞれ聞いて、考えました。
 
ふたりは何がわかり、何がわからなかったのか。
 
実は、取材・執筆中、ほとんど言葉を交わす機会がなかった北原さんと朴さんが、改めてじっくりと、いまそこにいる「愛国奥さま」といまここにある「愛国の空気」を語ります。
   

北原みのり(きたはら・みのり)
1970年生まれ。女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」代表。時事問題から普遍的テーマまでをジェンダー視点で考察する。著書に『アンアンのセックスできれいになれた?』『毒婦。木嶋佳苗100日裁判傍聴記』『さよなら、韓流』など。
 
朴順梨(パク スニ)
1972年、群馬県生まれ。早稲田大学卒業後、テレビ制作・情報誌編集を経てフリーライターとなり、「AERA」等に寄稿。元・在日韓国人三世。著書に『韓国のホンネ』(安田浩一氏との共著)『離島の本屋』がある。



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    北原みのり(コラムニスト)
    朴順梨 (ノンフィクションライター)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE