EVENT

CALENDAR

2019/09 - 2019/10
M T W T F S S
16171819202122
23242526272829
30123456
2019/10
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/10 - 2019/11
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
 
 

2014/04/10 Thu

ほぼ日刊イトイ新聞×柳瀬博一×内沼晋太郎「絵本『かないくん』を読んで思い出したこと。」




この絵本を手にして
「死」について考えさせられた、というよりも
つい、思い出したことがある。


谷川俊太郎さんが一夜で綴り、松本大洋さんが二年の年月をかけて描いた本があります。2014年1月に、東京糸井重里事務所から出版されたばかりの絵本『かないくん』。

帯には「死ぬとどうなるの。」 「生きているだれもが、やがて死にます。それは、どういうことなんだろう。」とあります。

『かないくん』の発売後、「ほぼ日」には、いつもにも増して多くの感想メールが届いたそうです。静かに、それからちょっと熱めに「自分と、(だれかと)、死ぬこと」について。まとまるものもまとまらないけれど送信してしまいます、というようなメールもあり、中でもとくに興味深かったのは、『かないくん』という絵本をきっかけに「そういえば…」というような切り出し方をしながら、「死」と自分のあいだにあった経験を読者のみなさんがそれぞれに思い出しながら、メールで寄せてくれたことだったそうです。

「死について考えてみる。」というのは、生きている人にとって、なかなか難しいのかもしれません。でも、「かないくん」という絵本がスイッチとなって、ふと「思い出したこと」は、ある。「死」を避けすぎることなく、語ってみるというイベントをやってみようと思います。

また、この日に語り合った内容の一部は、5月の「かないくん展」に向けてつくる、小冊子に掲載したいと考えています。お話をリードするのは、自他ともに認める「ほぼ日」ウォッチャーである編集者・柳瀬博一さんと、その小冊子を編集するB&Bの内沼晋太郎。展覧会準備中の「ほぼ日」乗組員のみなさんにもいらしていただく予定です。

「死ぬことを考えることは、生きることを考えること。」
こちらが一方的にお話するのではなく、みなさんと一緒に語り合いたいと考えています。

※当日は、すでに『かないくん』を読んでくださっているという前提で、お話をすすめます。当日、会場でも販売致しますので、まだお読みでない方は、よろしければ開場の 19:30 ごろに着くようにいらしてお買い求めいただき、開始の 20:00 までの時間に一度、読んでみてくださいませ。


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    ほぼ日刊イトイ新聞
    柳瀬博一
    内沼晋太郎

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    無料(1 drink order)


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE