B&B

EVENT

CALENDAR

2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2019/12
M T W T F S S
2345678
9101112131415
16171819202122
2019/12 - 2020/01
M T W T F S S
23242526272829
303112345
6789101112
 
 

2014/05/06 Tue

新谷洋子×多田洋一×徳永京子×仲俣暁生×藤原ちから×播磨秀史 「『下北沢ものがたり』を、語る」 『下北沢ものがたり』刊行記念

リリー・フランキー、よしもとばなな、柄本明、金子マリと息子のKenKen、曽我部恵一、東方力丸、本多劇場グループ代表本多一夫、ロフトプロジェクト代表平野悠、フラッシュ・ディスク・ランチ店主椿正雄ほか、全16名。

下北沢に住んだり、下北沢で働いたりしていて町に所縁のある人たちに、下北沢について、そして下北沢と自分の関係について聞いたインタビュー集「下北沢ものがたり」が、刊行以来、下北沢を愛する人たちの間で大きな話題となっています。

彼らにインタビューして原稿にまとめた、自らもそれぞれ下北沢に思い入れを持つ執筆陣6人が、下北沢について、下北沢と自分の関係について、そして「下北沢ものがたり」について、下北沢の本屋「B&B」で語り合います。

(プロフィール)
新谷洋子(しんたに ひろこ)
ファッション雑誌の編集者を経て、フリーの音楽ライターに。ミュージシャンのインタヴューやCDの解説のほか、歌詞対訳などの翻訳も手がける。独り暮らしを始めてからずっと下北沢とその周辺で暮らしているが、一番お世話になったのは、南口商店街にあったレコファンか? オオゼキの帰りがけにレコファンのバーゲン・コーナーをあさって、野菜と中古レコードを一緒に抱えて家に帰る――。それが下北沢生活の楽しさだったのかも。

多田洋一(ただ よういち) フリーランスのエディター/ライター。個人編集によるインディーズ文芸創作誌『Witchenkare』(ウィッチンケア)を2010年より年1回発行。最新号(第5号)は2014年4月1日発売。※下北沢の好物は大阪屋のたこ焼きと藤屋のラスクとモルティブのコーヒー。いつまでもありますように!
http://www.facebook.com/Witchenkare

徳永京子(とくなが きょうこ)
演劇ジャーナリスト。朝日新聞の劇評をはじめ、公演パンフレットや雑誌、web媒体などにインタビュー、作品解説などを執筆。現在『シアターガイド』(モーニングデスク)にて「1テーマ2ジェネレーション」を連載中。著書に、さいたまゴールド・シアターのインタビュー集『我らに光を』(河出書房新社)、日本の最新の演劇を多角度から考察した『演劇最強論』(飛鳥新社。藤原ちから氏と共著)。シモキタは私にとって今も昔も“劇場に通う”町です。

仲俣暁生(なかまた あきお)
1964 年東京生まれ。編集者、文筆家。現代文学論、出版メディア論などの執筆のかたわら、フリーランスで書籍やウェブサイトの企画・制作・編集にたずさわる。株式会社ボイジャー発行の出版の未来を考えるWebメディア「マガジン航」編集人。著書『ポスト・ムラカミの日本文学』『極西文学論』『再起動せよと雑誌はいう』など。下北沢在住15年。以前シモキタで「路字」というフリーペーパーをやっていました。

藤原ちから(ふじわら ちから)
1977年生まれ。編集者、批評家、フリーランサー。BricolaQ主宰。フリーペーパー「路字」、雑誌「エクス・ポ」、武蔵野美術大学「mauleaf」、世田谷パブリックシアター「キャロマグ」などを編集。共編著に『〈建築〉としてのブックガイド』(明月堂書店)。共著に『演劇最強論』(飛鳥新社)。6年ほど下北沢近辺で暮らし、ほぼ毎日、街にいた。音楽喫茶いーはとーぼのミニコミ「He+Me=2」にプルサーマル・フジコ名義で執筆中。2014年、横浜・黄金町で演劇センターFの立ち上げに関わっている。

播磨秀史(はりま ひでし)
1964年生まれ。一浪一留の末に何とか大学を卒業後、1989年にシンコーミュージック・エンタテイメントに入社。書籍編集、広告営業を経て、1992年からロック雑誌「クロスビート」編集部に在籍。2012年秋以降は主に書籍やムックの編集を手掛ける。下北沢には1988年頃より通っていたが、1994年から3回引っ越しをしつつずっと在住。著書に『ロック・フォトグラファーという生き方』。



※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    新谷洋子(音楽ライター)
    多田洋一(エディター/ライター)
    徳永京子(演劇ジャーナリスト)
    仲俣暁生(編集者/文筆家)
    藤原ちから(編集者/批評家/フリーランサー)
    播磨秀史(シンコーミュージック・エンタテイメント)

     

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE