NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/05 - 2017/06
M T W T F S S
2930311234
567891011
12131415161718
2017/06 - 2017/07
M T W T F S S
19202122232425
262728293012
3456789
2017/07
M T W T F S S
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
 

2014/05/15 Thu

赤阪友昭×小島ケイタニーラブ 「月のおやまとエミシの森」 月を巡る旅のお話 vol. 02



<赤阪友昭さんより当日の追加情報とメッセージをいただきました。>
昨年に引き続き撮影を続けている福島の取材で出逢ったお酒をお出しします。銘柄は「磐城寿」、浪江町にあった日本で最も太平洋に近い酒蔵のお酒です。
磐城寿は震災の津波ですべてを失ったはずでしたが、幸運にも研究施設に預けられていた麹菌が発見されたことで奇跡的に復活を果たすことができました!ぜひ召し上がってみてください。

先日、奥会津の森の中でクマの道を見つけました。
近くの木に残されたクマの毛も採集することができ、少しずつ彼らの気配を感じています。人間の世界とクマたちの世界に境界に残されている「間(あわい)」の匂いを私たちは嗅ぐことができるのでしょうか…、15日の木曜、お会いできることを楽しみにしています。




闇夜を明るく照らす月は一日一日とその姿を変え、
やがて新月へとたどり着く。
その満ち欠けを以て月は命を司り、なお死を司ると言える。
すなわち命の理そのものである。
 
前回のトークでは、月明かりで撮影したスライドからはじまり、フクシマでの撮影へと話が流れて、最後は時間切れで月山にたどり着くことができませんでした。
でも、話して気がついたのは、命を司るのが「シシガミ様」であり森ならば、物語は今の東北で起こっていることとどこかが繋がっているということです。
僕たちの社会は、ある意味「神殺し」をし続けながら、生きているのです。
 
今回は、ようやく月の神が宿る山『月山』についてお話ししようと思います。
月山は山形県にある出羽三山のひとつで修験道の信仰が今も色濃く息づく場所であり、東北で亡くなった方たちの魂が帰る場所とも言われています。月が支配するのは闇。闇は命の生まれくる場所であり、命の出入り口は森です。私たちの命の行途のヒントは森にあるともいえます。月山は、ひょっとすると縄文の時代にはエミシの聖地だったかもしれません。月と森は繋がっている。
月を巡る旅のお話、今回はそこまでたどり着きたいと思っています。
お話と写真の世界を音魂で伝える小島ケータニーラブさんのライブもお楽しみください。
 

赤阪友昭(あかさかともあき)
1963年大阪生まれ。写真家。雑誌『Switch』や『Coyote』などに写真・文章を寄稿。
北米海岸の先住民族と過ごした時間を一冊にまとめた写真集『The Myth -神話の風景から-』がある。
現在は、山に残された原初の信仰、縄文文化や祭祀儀礼を取材。
また、福島県立博物館のプロジェクトに関わり、南相馬を拠点に被災地の撮影を続けている。
http://www.akasakatomoaki.net
 
小島ケイタニーラブ(こじまけいたにーらぶ)
1980年生まれ。ミュージシャン。2009年、バンド「ANIMA」としてデビュー。
文学性の高い歌詞を特徴とし、朗読や舞台とのコラボレーションも多数。
2011年より、朗読劇『銀河鉄道の夜』 (作家・古川日出男、詩人・管啓次郎、翻訳家・柴田元幸、小島ケイタニーラブ) としての活動を開始し、翌12年には朗読劇の主題歌「フォークダンス」を収録する弾き語り作品『小島敬太』(WEATHER/HEADZ)を発表。
2013年には、東京芸術劇場での〈リミニ・プロトコル〉日本公演のサウンドデザインをゴンドウトモヒコ(pupa)と共に担当するなど活動の幅を広げている。
2014年からRainy Day Bookstore & Cafe にて初の定期イベント「ラブナイト」を開始する。
http://www.keitaney.com
 
「あ。わ。の月」プロジェクト
月をキーワードとして、森羅万象の世界へ足を踏み入れようというプロジェクトです。
「あ」は「はじまり」、「わ」は「おわり」のこと。
「月」を知ることは命の「はじまり」と「おわり」と「はじまり」を知ることです。


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    赤阪友昭(写真家)
    小島ケイタニーラブ(ミュージシャン)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋
MAP

GET EVENTS INFO.

TWITTER

FACEBOOK

PROFILE