B&B

EVENT

CALENDAR

2020/02 - 2020/03
M T W T F S S
17181920212223
2425262728291
2345678
2020/03
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2020/04 - 2020/05
M T W T F S S
20212223242526
27282930123
45678910
 
 

2015/10/18 Sun

新井卓
「ダゲレオタイプ――イメージの始原から<核の神話>へ」
『MONUMENTS』(PGI)
刊行記念


モニュメンツ②

“ダゲレオタイプは本当に<写真>か?”

世界最古の写真技法、ダゲレオタイプのことを知っているだろうか?写真に詳しいものなら、その言葉をどこかで耳にしたことがあるかもしれない。しかし、実際に見て触れたことのあるものは、それほど多くないはずだ。というのも、ダゲレオタイプは、現在の技術をも凌ぐ極めて精緻な映像を記録できるものの、複製不可能であまりにも非効率的と考えられたため、現在ではほぼ廃れてしまったからだ。19世紀に撮影された膨大な数のダゲレオタイプは、今では美術館や博物館にひっそりと眠るばかりである。

映像のデジタル化が進む現代にあって、そんな最古の写真技術をつかって、作品を作り続ける若き写真家がいる。彼は、大掛かりな機材を抱え、日本と世界を飛び回り、ときにスナップショットをとるかのごとく、ときに強い政治意識をもって、ありふれた日常を銀板に収めていく。単なる時代錯誤か、あるいはなにがしかの必然がそこにあるのだろうか? なにが彼を駆り立てるのか。

モニュメンツ③

写真家/ダゲレオタイピストの新井は、初の写真集『MONUMENTS』で、原発事故がもたらした惨状をきっかけに、福島から広島、長崎へ、さらにアメリカ各地へと旅をしながら、核のモニュメントと、そこに暮らす人々を銀板に収めていった。ダゲレオタイプという鏡をとおして、新井は私たちになにを見せようとしているのか?そこに込められた祈りとは──。

会の前半は、新井によるダゲレオタイプ実演、後半は『MONUMENTS』を巡る対話によって、みなさまを遠い過去から現在へとつづくイメージの世界へ誘います。ぜひ、奮ってご参加ください。

モニュメンツ①

【プロフィール】
新井卓/あらいたかし
写真家・ダゲレオタイピスト。1978年、川崎生まれ。写真黎明期の技法・ダゲレオタイプ(銀板写真)を独自に習得し制作活動を展開、内外の美術館・ギャラリー等で作品を発表しつづけている。これまで、ボストン美術館、森美術館、東京国立近代美術館ほか国内外の多くの展覧会に参加。2014年、英国ソースコード・プライズ受賞。作品はサンフランシスコ近代美術館、東京都写真美術館、ギメ東洋美術館ほかに収蔵されている。
www.TakashiArai.com

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    新井卓(写真家・ダゲレオタイピスト)

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE