B&B

EVENT

CALENDAR

2020/06
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
2020/06 - 2020/07
M T W T F S S
22232425262728
293012345
6789101112
 
 

2015/11/09 Mon

遠藤望×本間真理子
「いま、あらためてグルジア(ジョージア)を語る」
『放浪の画家ピロスマニ』デジタルリマスター版公開記念

main_pirosmani

グルジア(ジョージア)の天才画家ニコ・ピロスマニ。彼は19世紀後半から20世紀初頭のチフリス(現トビリシ)で、日々の糧と引きかえに、店に飾る絵や看板を描き、貧しく孤独のうちに亡くなりました。

放浪の画家と呼ばれたピロスマニの絵は、人物、暮らし、風景など、グルジアの風土に根差した題材が多く、またその素朴な筆致は、今もなお多くの人々の心をとらえて離しません。またピロスマニは、貧しい絵描きと女優の恋を歌った「百万本のバラ」のモデルとしても知られています。

日本では1978年にロシア語版の『ピロスマニ』が公開され、大きな反響を呼びました。今回、37年ぶりに、グルジア語のオリジナル版が再上映される運びとなりました。

本作の再上映を記念し、素朴派絵画の研究者であり、実際にグルジアを訪ねてニコ・ピロスマニの絵を鑑賞した経験を持つ、世田谷美術館の学芸部企画担当課長の遠藤望さんと、現在、グルジアにワイナリーを所有し、グルジアワインを輸入されているH&Nワインジャパン株式会社の代表取締役の本間真理子さんにお越しいただき、ピロスマニの絵画の魅力について、そして、世界で最も古い製法で作られているというグルジアワインについて、語っていただきます。

また、参加者の皆さまには、特典としてグルジアワインを試飲していただきます。

【出演者プロフィール】
遠藤望(えんどう・のぞみ) 
世田谷美術館企画担当課長、学芸員。アンリ・ルソーと素朴派、アウトサイダー・ アートを担当。2012年グルジア訪問。これまで企画担当した展覧会 「ムンク展」1997、「ルソーの見た夢、ルソーに見る夢」展2006、「オルセー美術館 展 アール・ヌーヴォー」2009、「ルソーから始まる 素朴派とアウトサイダーズの 世界」2013、「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」2014。

本間真理子(ほんま・まりこ)
1956年東京都渋谷区生まれ(両親が修道院に勤務していたために修道院で育つ。) 都立駒場高校保健体育科、一ツ橋スクール・オブ・ビジネス卒業。 スイス銀行勤務を経て国連のパートナーNGOジョイセフに勤務、アジア・アフリカ・中南米の発展途上国の女性支援・母子保健推進活動に30年間従事。 2012年、グルジアワインを日本へ輸入・販売するために会社を設立し、輸入、卸、インターネット販売の3種類の酒類販売免許を取得。汗と涙の経営者修行に試行錯誤を重ねつつ、グルジアワインの素晴らしさを伝えるために奔走する毎日です。

『放浪の画家ピロスマニ』
監督:ギオルギ・シェンゲラヤ/脚本:ギオルギ・シェンゲラヤ、エルロム・アフヴレディアニ/製作:スサナ・クヴァラツヘリア
撮影:コンスタンティン・アピリャティン、ドゥダル・マルギエフ、アレクサンドレ・レフヴィアシュヴィリ
美術:アヴタンディル・ヴァラジ、ヴァシル・アラビゼ/音楽 ノダル・ガブニア、ヴァフタング・クヒアニゼ
出演 アヴタンディル・ヴァラジ、ダヴィト・アバシ、ギヴィ・アレクサンドリア

1969年/グルジア(ジョージア)映画/グルジア語版/カラー・スタンダード/87分/字幕監修:テムカ
配給:パイオニア映画シネマデスク

11月21日、岩波ホールほか全国順次公開


 
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    遠藤望( 世田谷美術館 )
    本間真理子(H&Nワインジャパン)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE